ニュース
» 2020年01月07日 13時15分 公開

パナソニックが4K超の解像度を実現したメガネ型VRグラスを開発

パナソニックは、4Kを超える高解像度とHDR対応を実現したメガネ型VRグラスを開発した。

[ITmedia]

 パナソニックは1月7日、4Kを超える高解像度とHDR対応を実現したメガネ型VRグラスを開発した。同製品は2020年1月7日〜10日にかけて米ネバダ州ラスベガスで開催される「CES 2020」パナソニックブースで参考出展が行われる。

photo
photo

 仮想現実を快適に体験できる小型軽量の眼鏡型筐体を実現したVRグラスで、4Kを超える高解像度に加えHDR(ハイダイナミックレンジ)への対応もうたわれているのが特徴だ。

 表示デバイスはKopinと共同開発したマイクロ有機ELパネルを採用、画素の境界が網目のように見える「スクリーンドア効果」の発生を抑えた自然で滑らかな映像を実現した。

関連キーワード

パナソニック | 解像度 | VR | HDR | 有機EL


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう