ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VR」に関する情報が集まったページです。

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「Z 9」にニコンの本気を見た 容赦なく詰め込まれた最新技術で撮影が快適に
ソニー、キヤノンの後塵を拝したと見られていたニコンが猛ダッシュで最前線に躍り出た感のある「Z 9」。快適なシャッターとAF。これぞフラッグシップ機という感じ。(2022/1/29)

5Gは頭打ち
2022年のトレンド予想、5Gスマホが1億500万台減少の理由
5G環境は整いつつあるが、2022年は通信事業者にとって厳しい年になりそうだ。メタバースは5Gを推進するのか。さらに有望なサービスはあるのか。(2022/1/28)

VR MMO「Zenith」が正式リリース 「SAO」や「FF」で育ったエンジニアらが開発
ゲームスタジオ「Ramen VR」が、VR空間に構築したオープンワールドで遊べるMMORPG「Zenith」を発売する。Zenithには日本のRPGやアニメにインスパイアされた要素が詰め込まれている。(2022/1/27)

米Meta、Oculusブランドから卒業 今後は「Meta Quest」に
米Metaは、Oculusブランドからの卒業を発表した。アプリ「Oculus」は「Meta Quest」に名称を変える。現在販売中のヘッドセットの外箱印字や、ソーシャルメディアのアカウント名も順次変更するという。(2022/1/27)

車載、スマホ向けなど新製品を紹介:
OMNIVISION、「22年に車載イメージセンサー首位に」
OmniVision Technologiesの日本法人オムニビジョン・テクノロジーズ・ジャパンは2022年1月21日、CES2022(2022年1月5〜7日、米国ネバダ州ラスベガス)に合わせて発表した同社の新製品および新ロゴなどに関するメディア向け説明会を行った。説明会の中で、同社社長の薄井明英氏は、「OMNIVISIONは2022年に車載イメージセンサーの市場シェアトップになる見込みだ」と語った。(2022/1/27)

Innovative Tech:
「同席しているみたい」──ビデオ会議の相手を3Dモデル化 Googleの「Project starline」 その仕組みは?
米Google Researchの研究チームは、対面式テレプレゼンス・システム「Project starline」の技術的仕組みを詳細に書き記した論文を発表した。Project starlineは、互いの上半身を取得し、3Dモデルとして離れた相手側のディスプレイにリアルタイムに表示し続けられる。(2022/1/27)

VR:
日建設計らがリモートでの避難訓練に対応するVRを開発、PCやスマホで体験可能
日建設計とジオクリエイツは、リモート下での避難訓練に対応するVRを開発した。日建設計では、2020年と2021年に、東京都千代田区飯田橋の東京本社ビルで行った50〜100人規模の避難訓練で今回のVRを実運用している。(2022/1/27)

「今のメタバース」を生み出した、年間10億台の「ある量産品」
メタバースを生み出したVR HMDに必要なパーツ、技術はどこから来たのかを、西田宗千佳さんが考察する。(2022/1/26)

なみえバーチャル商店街サービス:
VRでリアル店舗の商品を購入し配送 日産と凸版印刷などが実証実験
日産自動車と凸版印刷、NoMAラボは、福島県双葉郡浪江町の協力のもと、浪江町在住の住民を対象に「なみえバーチャル商店街サービス」の実証実験を開始した。(2022/1/25)

モビリティサービス:
タブレット端末で売り場を見ながら買い物、買った商品は乗り合いタクシーで届ける
日産自動車は2022年1月24日、凸版印刷やNoMAラボとともに、福島県浪江町の住民を対象とした買い物/宅配サービスの実証実験を実施すると発表した。(2022/1/25)

製品動向:
「レンサルティング」を体験可能なショールームが都内でオープン、アクティオ
アクティオは、東京都中央区日本橋のオフィスビル「朝日ビルヂング」内で開発を進めていたショールーム「AKTIO Rensulting Studio」が完成したことを公表した。(2022/1/25)

Innovative Tech:
「頭をなでる」「ビンタ」「ハグの拒否」などアバター同士の接触を滑らかにするVR技術、東工大が開発
東京工業大学長谷川研究室の研究チームは、バーチャル空間でアバター同士もしくは3Dオブジェクトとの接触の際に、両者が自然な動きで表現できる技術を開発した。頭をなでる、ハグするなどの動きを滑らかなリアクションで表現する。(2022/1/24)

Google、ARヘッドセットの2024年発売を目指す「Project Iris」推進中との報道
GoogleがARヘッドセットの「Project Iris」を進めているとThe Vergeが報じた。2024年の発売を目指しているという。チームを率いるのはDaydreamのクレイ・ベイバー氏。(2022/1/21)

Meta、Quest 2にVRでApple「Magic Keyboard」を使う機能やハンドジェスチャーを追加
米Metaは1月19日(現地時間)、VRヘッドセット「Quest 2」のソフトウェアアップデートv37の提供を始めた。段階的に提供を始めているため、入手に時間がかかることもある。(2022/1/21)

ビーブリッジとエプソン、「等身大VR」を共同開発 ゴーグルなしでVR体験が可能に
 ビーブリッジ(東京都千代田区)とエプソン販売(東京都新宿区)は1月18日、エプソンのプロジェクター技術をもってBeBridgeのVR技術を投影させた「等身大VRソリューション」を共同開発したと発表した。(2022/1/20)

「モバイルファースト」時代の人材不足解消術【前編】
「中級ITスキル」があらゆる職種で必須に? “IT格差”を解消するには
人材不足に悩む企業が特に悩んでいるのは、ITスキルの高い人材をいかに獲得し、育成するかだ。「2030年までにほとんどの職種で中程度以上のITスキルが必要になる」という声がある中、企業は何をすればよいのか。(2022/1/20)

VRニュース:
優れたVR映像や温度体感で、メタバース体験を充実化する3製品を発表
Shiftallは、VRヘッドセット「MeganeX」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」、音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」を発表した。優れたVR映像と温度体感、周りに迷惑を掛けないマイクで充実したVR体験を提供する。(2022/1/20)

モバイル向け製品も同時発表:
日常作業や2D CADを快適に――AMDが1スロットサイズのGPU「Radeon PRO W6400」を2022年第1四半期に投入 229ドルから
AMDが、コンパクトなプロフェッショナル向けGPUの新製品を投入する。競合の「NVIDIA T600」とほぼ同じ価格ながら、理論上の処理性能が「NVIDIA T1000」並みというお買い得さをアピールしている。(2022/1/19)

docomo Open House'22:
6G時代は「テレパシーがSFの世界でなくなる」 ドコモが掲げる“人間拡張基盤”とは
ドコモの最新技術を紹介する「docomo Open House'22」が開幕。同社は、6Gに向けて空、宇宙にエリアを広げる取り組みを続けている。人間の感覚をリアルタイムで伝え、保存できる「人間拡張基盤」も掲げる。(2022/1/19)

VR:
プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システムを開発、清水建設
清水建設は、プロジェクション型VR技術を活用した体感型共同学習システム「VR-Commons」を開発した。VR-Commonsは、室内の壁と床面に疑似立体投影した映像コンテンツを利用し、グループ学習や体験型学習の場を創出するVRシステム。利用者は、ゴーグル型ディスプレイなどのデバイスを装着せずに仮想現実の学習空間を体感でき、関連資料や教材を投影面に重ね合わせて表示することにも対応している。また、複数のVR-Commons拠点をつないで映像コンテンツを共有するため、遠隔地にいる学習者とも同一空間にいるかのような感覚で学び合える。(2022/1/19)

VRニュース:
軽量かつコンパクトで使いやすいVRグラスの取り扱い開始
アスクは、HTC NIPPON製のVRグラス「VIVE Flow」の販売を開始した。2段階ヒンジ設計による快適な着け心地を提供し、100度の広い視野角と鮮明な3.2K解像度の優れたグラフィック性能を備える。(2022/1/19)

Q&A 総務・人事の相談所:
管理職以上の女性比率が上がりません 何から取り組むべきでしょうか?
「管理職以上の女性比率が上がりません。人事部は何から取り組むべきでしょうか?」 人事の現場で起こる疑問に、EYストラテジー・アンド・コンサルティングの中村氏が回答します。(2022/1/19)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化……
メタバース市場に日本企業が相次いで本格参入している。CES2022では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。1月上旬、米ラスベガスで開かれた家電とデジタル技術の見本市「CES2022」では、パナソニックがメタバース事業への参入を発表した。ソニーグループもメタバース上でファンが交流できるサッカースタジアムを再現するサービスを予定するなど、市場開拓へ向けた動きが加速。日本のものづくりやゲーム産業の知見が生かせる分野として期待が寄せられている。(2022/1/18)

メタバース市場、日本勢が相次ぎ参戦 高性能VRゴーグル、スタジアム仮想化…
インターネット上で現実に近い体験ができる仮想空間「メタバース」の市場に、日本企業が相次いで本格参入している。(2022/1/18)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

特性と使い所を理解する
5G/プライベート5Gを最大限に活用する方法
5Gを単に「高速なモバイルネットワーク」と考えると価値を見誤り、活用できない。周波数帯による特性の違いやパブリック/プライベートの違いなどを理解する必要がある。(2022/1/17)

人の表情をアバターに反映 一般的なWebカメラでOK VR接客システム、ドコモが開発
人の表情を、3Dアバターにリアルタイムに伝送・反映するシステムをドコモが開発。一般的なWebカメラで表情を取得でき、リアルに再現できるという。(2022/1/14)

“早すぎたメタバース”「Second Life」のLinden Labに創業者が再参加
2003年にメタバース「Second Life」を立ち上げたLinden Labに同社を離れていた創業者のフィリップ・ローズデール氏が再参加した。「メタバースをディストピアにすべきではない」とローズデール氏。(2022/1/14)

Social Media Today:
若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへの移行に備えつつ、来たるべきときまで若者をつなぎとめることも考えなくてはならないからだ。(2022/1/14)

「Vカツ」突然の終了発表 アバターは利用不可に 「体なくなる」ユーザー困惑
アバター作成サービス大手「Vカツ」があと半年でサービス終了すると突然の発表。終了後はVカツのアバターは使用できなるなるという。「VTuber活動を継続できなくなる」など、ユーザーは困惑。(2022/1/13)

VRニュース:
製造現場の3D CADデータ活用ソリューションの提供を開始
東芝デジタルソリューションズは、製造現場の3D CADデータ活用ソリューション「Meister MR Link」の提供を開始した。物理的な空間の実物に仮想空間の3Dモデルを重ね合わせて表示し、作業を効率化する。(2022/1/13)

悲観的に捉えるな:
BABYMETALのプロデューサー「KOBAMETAL」に聞くライブエンタメビジネスの展望
BABYMETALをプロデュースしたKOBAMETALさんにコロナ禍のライブ・エンタテインメントビジネスの展望を聞いた。(2022/1/13)

Meta(旧Facebook)の取締役にDoorDashのCEO 「メタバースにeコマースの視点を」
Meta(旧Facebook)がフードデリバリーサービス大手DoorDashのトニー・シューCEOを取締役に加えた。「メタバースに同氏のeコマースの視点を取り入れたい」とザッカーバーグCEO。(2022/1/12)

「総務」から会社を変える:
2022年の総務、社内コミュニケーションのキーワードは「三位一体」と「新技術」なワケ
いまだ最適解が見えない、コロナ禍で再定義を余儀なくされた社内コミュニケーションの在り方。筆者は、これまで分断されていた施策を統合し、「三位一体」の社内コミュニケーション施策を考えながら、新たに登場している技術も採用すべきだと指摘する。(2022/1/12)

レーシングカーもネットワークもスピード発揮
自動車レースNASCARが「Wi-Fi 6」をサーキットに導入した“あの狙い”とは?
NASCARは12カ所のサーキットに「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品を導入し、高速通信を可能にする。ファンがスマートフォン片手に、レースをより楽しめるようにするためだという。どういうことなのか。(2022/1/12)

仕事で使うメタバース【後編】
「それ、うれしいか?」と困惑するしかないメタバース事例集
メタバースはまだ初期段階だ。分かっている。没入型仮想オフィスも有望だろう。メタバースの今後の進化に期待する。(2022/1/12)

メカ設計ニュース:
取り扱いソフトを簡単に利用開始できるGPUクラウドサービス
アスクは、同社で取り扱うソフトウェア製品を利用するための「GPUクラウドサービス」の提供を開始する。第1弾は、NVIDIAのプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」、ストリーミングソリューション「NVIDIA CloudXR」で提供する予定だ。(2022/1/11)

読者アンケートを実施中!!:
「建設業のコロナ禍での景況感とテクノロジーへの期待」に関する読者調査、〆切迫る!
BUILT編集部では、建設業の課題解決となるメディア作りのため、毎年恒例の「読者アンケート」を2022年1月末まで実施しています。アンケートは10分ほどで終わる内容です。いただいたご意見は、これからのメディア運営に活用させていただきます。(2022/1/7)

まだ見えぬ「PlayStation VR2」の本当の姿――歴史と「いま分かること」から予想する
CES 2022で発表された「Playstation VR2」。デザインや価格、発売時期などは未公表で、どのような製品になるのかを正確に描き出すのは難しい段階だ。だが、公表済みの情報からも商品の特性は予想できる。PSVR2はどういうものになるのかを考えてみたい。(2022/1/7)

FAメルマガ 編集後記:
注目集めるメタバース、製造現場が意識すべき理由
人の感覚が生かせる可能性が生まれる点に注目です。(2022/1/7)

Innovative Tech:
好きな重力を体験できる、ふくらはぎ装着型デバイス 他惑星の重力環境をシミュレート
香港城市大学の研究チームは、ふくらはぎ装着型ウェアラブルデバイスを開発。川や泥などの流体の中に足を入れて歩く際の粘度や、他の惑星の異なる重力環境をシミュレートできる。(2022/1/7)

MONOist 2022年展望:
製造業こそ「メタバース」に真剣に向き合うべき
2022年は「メタバース」に関するさまざまな技術やサービスが登場すると予想されます。単なるバズワードとして捉えている方も多いかと思いますが、ユースケースをひも解いてみると、モノづくりに携わる皆さんや設計者の方々にも深く関わっていることが見えてきます。一体どんな世界をもたらしてくれるのでしょうか。(2022/1/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

VRニュース:
キヤノンが映像技術でメタバース環境を支援、VR基盤ソフトなどを開発
キヤノンは2022年1月4日(現地時間)、米国ラスベガスでハイブリッド型展示会として開催される「CES 2022」(2022年1月5〜7日)に先立ち、プレスカンファレンスを開催。デジタルカメラや監視カメラなどで培った映像技術を活用し、Web会議などの映像コミュニケーションの価値を高めるさまざまな技術を紹介した。(2022/1/6)

CES 2022:
HTC、「Focus 3」向けリストバンド式トラッカー「Wrist Tracker」を129ドルで発売へ
HTCは、企業向けVRヘッドセット「Focus 3」と連携するインサイドアウト式トラッカーを発表した。手首やテニスラケットやゲームの武器などに取り付けられる。第1四半期中に欧米などで発売の予定。(2022/1/6)

AppleのAR/VRヘッドセットは3つのディスプレイを搭載か 市場調査会社が予想
2つのMicro OLEDディスプレイと1つのAMOLEDパネルを搭載するとディスプレイ専門の調査会社が予想。(2022/1/6)

PS5向け次世代VRシステムの名称は「PlayStation VR2」 SIEがCES 2022で発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は1月4日、米ラスベガスで開催中のCES 2022でPlayStation 5(PS5)向けの次世代VRシステムの正式名称が「PlayStation VR2(PS VR2)」になると発表した。(2022/1/6)

100年後の世界はどうなっていると思う? “魔法のアイテム”スマホを握って未来を考える展覧会を見てきた
スマホは、過去の人にとっては“魔法のアイテム”だ。カメラも電話も音楽再生もできるなんて信じられないだろう。でも、僕たちだって100年後の世界を想像するのは難しい。そんな未来を考えるヒントをくれる展覧会を見てきた。(2022/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。