ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VR」に関する情報が集まったページです。

気分は救世主ネオ……! 映画「マトリックス」の世界観を再現した一人称映像がワクワクする
「どうやって!?」「救世主だ……!」(2019/5/26)

国内IT市場、2019年はプラス成長で18兆807億円規模、2023年まで2.4%で堅調 クラウドシフトへの対応が鍵――IDC調べ
2019年の国内IT市場は、PC更新需要やシステム改修需要などにより、前年比3.4%のプラス成長の見込み。以降も、クラウドシフトや5G関連のIT投資が伸び、市場全体で堅調な拡大が予測されるという。ITサプライヤーには、クラウドシフトに対応したビジネスモデルの変革が求められている。(2019/5/24)

VR:
バーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」、新昭和ウィザース東関東の住宅情報を掲載開始
日本ユニシスが運営するVRを活用したバーチャル住宅展示場サービス「MY HOME MARKET」に、新昭和ウィザース東関東の規格住宅シリーズ「Prust(プラスト)」の情報が掲載され、販売を開始した。(2019/5/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ポケモンGOとの違いは? クラウドとAIのMicrosoftを象徴する「Minecraft Earth」
年次イベント「Microsoft Build 2019」において発表された「Minecraft Earth」は、単なるゲームタイトルではなく同社の最先端技術を凝縮した“テクノロジーショウケース”だ。注目ポイントを整理した。(2019/5/24)

デスクトップとノートの2タイプ:
PR:レノボの「Pシリーズ ワークステーション」、高機能と信頼性でプロを全面サポート
(2019/5/24)

建設×VR/AR/MR:
リアルなVR体験に新シミュレーション追加、バックホーでの4つの事故を体験
アクティオは、2018年から展開している建設現場の事故0を目指すVRレンタルサービスに、バックホーによる不安全行動を体験できるシミュレーションを2019年8月に追加する。バックホーによる横転、旋回での巻き込みなどの4つの事故を体験できる。(2019/5/23)

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】
社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?
コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。(2019/5/24)

「SFみたい」「カッコいい」――ネットで反響“球体ドローン”、生みの親が貫く信念
丸いボディーに映像を表示しながら飛行できる「浮遊球体ドローンディスプレイ」、プロペラがなくても空を飛べる「羽根がないドローン」など、球体のドローンを手掛けてきたのが、NTTドコモの山田渉さんだ。山田さんは「SFをサイエンスにする」をモットーに掲げ、モノづくりに取り組んできた。そんな山田さんに、ドローン開発にかける思いやこだわりを聞いた。(2019/5/22)

水曜インタビュー劇場(QR公演):
商品が上下左右に動く「謎の自販機」が、数年後に増えそうな理由
京成上野駅の構内をフラフラしていると、ちょっと気になるモノが目に飛び込んできた。サイネージの画面に、漫画『キン肉マン』のフィギュアなどが並んでいて、それらの商品が左右にゆっくり動いていたのだ。謎の自販機を触ってみたところ……。(2019/5/22)

「Google Glass」新モデル、大幅アップデートし999ドルで発売へ
Googleが、企業向けAR機能搭載のメガネ型コンピュータ「Google Glass Enterprise Edition」の新モデルを発表した。プロセッサなどのスペックが強化され、価格は1500ドルから999ドルに値下げされた。チームはXを卒業し、Google VRチームに統合される。(2019/5/21)

VR:
SUUMOがリニューアル、完工前の住戸をVRで体験
リクルート住まいカンパニーは、同社が運営する不動産情報サイト「SUUMO」のリニューアルを実施した。モデルルームの即時予約機能や住戸情報の充実、完工前住戸の室内イメージVR表示などにより、SUUMOユーザーの利便性をより高めた。(2019/5/21)

Google、VRコンテンツ作成サービス「Jump」終了へ
Googleが、2015年のGoogle I/Oで発表したVRコンテンツ作成サービス「Jump」を6月中に終了する。「代替ソリューションが多数登場し、使用が減少したため」という。ユーザーがGoogle Cloudに保存しているコンテンツはサービス終了後に削除するので、ダウンロードを勧めている。(2019/5/20)

VRニュース:
巨大客船も航空機も丸ごとVR空間へ、高速3D CADビュワーのVR対応版が現場を革新
3DVS Japanは、ドイツのKISTERSが開発する3D CADビュワー「3DViewStation」製品ファミリーのVR対応版「3DViewStation VR Edition」に関する記者向け体験説明会を開催した。(2019/5/20)

ロケットだけではないSpaceTech:
宇宙飛行士のコストの8割は交通費 GITAIが開発する宇宙ロボットが必要な理由
官から民へ宇宙開発事業が動いていく中で、宇宙に関わるスタートアップが成果を出しつつある。宇宙ステーションなどでの作業や実験を、宇宙飛行士に代わって行うロボットを開発しているGITAIもその1社だ。(2019/5/17)

覇権争いは原発からクラウドへ:
DMM亀山会長らが語り合う「10年後のパラダイムシフト」――世界の“インフラ勢力図”はどう変わるのか?
変化の激しい時代にチャンスをつかむには、どうすればいいのか。DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏ら、時代の先端を行くトップランナーたちが語り合った。(2019/5/17)

長谷川潤、離婚発表以来のインスタ更新でハニカミ笑顔 「大きな励みになっています」と応援メッセージに感謝
長谷川さん「これからも自分らしく」。(2019/5/16)

科技省のLiang-Gee Chen氏に聞く:
台湾で加速する新興企業エコシステムの構築
台湾では、新興企業エコシステムの構築が加速している。その中心人物が、台湾 科学技術省のLiang-Gee Chen氏だ。EE Timesは同氏にインタビューする機会を得た。(2019/5/16)

「その人の“良い部分”だけを抽出できれば、人間はもっと幸せになれる」 バーチャルライブアプリ「IRIAM」が目指すもの
なぜ人はバーチャルなキャラクターに引かれるのか。バーチャルライブアプリ「IRIAM」を運営するZIZAIの塚本社長に聞きました。(2019/5/25)

スマホアプリで異性や子どもの姿に変身! 「Snapchat」の写真フィルターが強力で楽しい
おじさんが女性化を試すと、高確率でお母さんっぽくなる説。(2019/5/15)

Lenovo、Microsoftの「HoloLens 2」対抗ARメガネ「ThinkReality A6」を今秋に立ち上げへ
Lenovoが、Microsoftの「HoloLens 2」同様の、法人向けARヘッドセット「ThinkReality A6」を発表した。企業はクラウド上のARアプリで従業員に操作マニュアルなどを提供できる。(2019/5/14)

「名探偵ピカチュウ」は2019年の「ブレードランナー」である “ポケモンと暮らす都市”が描くポケモンの本質とは
「名探偵ピカチュウ」は、これ以上ないほど「ポケットモンスター」の本質、原理にのっとった映画だった。(2019/5/13)

マーケティング領域を超えて用途が拡大:
SimilarWebと「マーケットインテリジェンス」に関するモヤモヤしたことを幹部に聞く
Webサイトやアプリの競合分析ツールを提供するSimilarWeb。マーケティングにとどまらず応用範囲を拡大する「マーケットインテリジェンス」の現在について同社幹部に話を聞いた。(2019/5/13)

京都「伏見稲荷大社」を自由に歩ける散策ゲームがリアルで美しい 無料ダウンロードで公開中
ただ歩き回るだけでワクワクできそうです。(2019/5/11)

エイベックスが技術子会社 クラウドやブロックチェーンでIP創出
エイベックスは、クラウドやブロックチェーン技術を用いたコンテンツやシステムを企画・開発する100%子会社「エイベックス・テクノロジーズ」(資本金1億円)を14日に設立する。(2019/5/10)

Oculus VRの責任者ヒューゴ・バーラ氏、FacebookでAR/VR担当の新ポジションに
GoogleからXiaomiを経て2017年にFacebook入りし、「Oculus Quest」などの開発を統括してきたヒューゴ・バーラ氏が、FacebookでAR/VR関連の新たなポジションに就く。(2019/5/10)

Trailblazer Community担当VPに聞く:
Salesforce.comに学ぶコミュニティーマーケティング、熱狂はいかにして生まれるのか
自走するユーザーコミュニティーを数多く、世界中で展開するSalesforce.com。顧客との強固な関係作りに欠かせないコミュニティー運営はどうすればうまくいくのか。キーパーソンに聞いた。(2019/5/10)

海外医療技術トレンド(46):
Medtech×AIのゲートウェイとして注目されるモントリオール
本連載で取り上げたカナダは、医療AIのリード役も担っている。今回は、ケベック州モントリオールの最新動向を紹介しよう。(2019/5/10)

マシーナリーともコラム:
ホスピタリティが完璧なのかよ マシーナリーとも子、輝夜月のライブを見に行ってきたの巻
バーチャルYouTuberがバーチャルYouTuberのライブを取材する時代。(2019/5/10)

サービス終了の「Yahoo!ジオシティーズ」発掘に役立つChrome拡張が登場 サイトアーカイブを自動で検索・表示
アーカイブさえ残っていれば、Yahoo!ジオシティーズ終了で読めなくなったページへすぐにアクセス可能。(2019/5/9)

「リアルで心臓がドキドキする」 ニューヨーク市警、VR訓練を試験導入 過去の事件をシミュレート
実際に発生した事件の状況をVR空間で再現し、警官の動きや射撃の訓練を行えるという。(2019/5/9)

AzureにAI機能を拡充、Microsoftが「Build 2019」で新技術発表
Microsoftは「Microsoft Build 2019」で、AzureにAI機能を拡充することを発表した。画像認識や音声認識などの機能を提供するAPIや、機械学習モデルの構築や学習、展開といったプロセスを簡素化する機能を追加した。(2019/5/9)

旭化成エレクトロニクス:
軸貫通配置で誤差±0.1度の磁気式回転角度センサー
 旭化成エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、2極着磁磁石の横に置く「Off Axis配置」でも誤差±0.1度の高精度を実現した磁気式回転角度センサー「AK7454」や、AR/VRのコントローラーに活用できる3D磁気センサー「AK09940」などを展示した。(2019/5/9)

VRニュース:
フル3Dモデルも軽快に操作できる“現場で使える”VR検証ソリューション
ラティス・テクノロジーは、超軽量3Dデータフォーマット「XVL」を活用したVR(仮想現実)検証ソリューション「XVL Studio VRオプション」の提供開始を発表した。(2019/5/9)

Google I/O 2019:
Google I/O 2019まとめ 「AI for Everyone」、Pixel 3aも発表
Googleの年次開発者会議「Google I/O 2019」で発表されたことを時系列にまとめた。今年のテーマは「「Building a more helpful Google for everyone」。AI採用のアクセシビリティ機能や「Googleアシスタント」の新機能、手ごろな価格の「Pixel 3a」などが発表された。(2019/5/8)

ドワンゴ、VTuber事業で苦戦 バーチャルキャストは1億5650万円の最終赤字、リドは解散
ドワンゴとインフィニットループが設立した、VTuberコンテンツの配信システムを手掛けるバーチャルキャストの初年度決算は1億5650万円の最終赤字だった。ドワンゴやKADOKAWAなど計5社が18年12月に創業したVTuber事業会社のリドも解散。「niconico」の有料会員が減少を続ける中、VR事業でも苦戦を強いられている。(2019/5/7)

開発者数の伸びで際立つKotlin:
PythonがJavaを追い抜く、SlashDataの開発者実数調査
SlashDataは、主要なプログラミング言語を使用するアクティブなソフトウェア開発者の数を毎年継続的に推計している。世界のあらゆるタイプの開発者が推計の対象だ。2019年4月には主要な12言語について開発者数や用途の分析結果を発表した。(2019/5/7)

CIM:
スマホとGNSSでCIMモデルを共有、豪雪地帯のダム工事で施工計画を“見える化”
鹿島建設は、CIMモデルをAR技術によって手に持ったスマートフォンを介して見える化するモニターを開発した。豪雪地帯のダム工事で既に導入され、複数の工事関係者が施工計画のイメージを共有した他、雪に埋もれた構造物の可視化にも役立った。今後は、ダム工事だけでなく、埋設物や支障物が多い都市部の工事など、他の工種にも適用範囲を広げていく。(2019/5/7)

架空世界で「認証」を知る:
君は「マニュアルプロテクト」を知っているか? 小島秀夫監督のゲーム作品に見る“認証の謎解き”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第14回のテーマは「現実とゲームが溶け合う認証」について。(2019/5/7)

Googleさん:
Google I/Oを予想する 低価格Pixel、Stadia、カメラ付きスマスピ
10連休が明けると「Google I/O」です。「Pixel 3a」発表は確定として、他には何が発表されるのか、うわさをまとめてみました。(2019/5/4)

Facebook、違反コンテンツ検出AI強化でいじめ検出率85%向上
Facebookの開発者会議「F8 2019」の2日目の基調講演は、例年通りAI、AR/VRがテーマだった。この中から、ポリシー違反コンテンツ検出ツールについての発表を紹介する。(2019/5/3)

Oculus QuestとRift Sが予約開始
Oculus VRのVR HMD新製品が発表された。Oculus Questは待望のルームスケールスタンドアロン製品だ。(2019/5/1)

匿名自助グループとしての「アライさん」現象 なぜアライさんは大量発生したのか?
アライさんの真面目な話。(2019/4/29)

国内最大級のLANパーティー「C4 LAN」は5月10日から サイコムが足湯やピザを提供
来る5月10日〜12日まで、国内最大級のLANパーティー「C4 LAN 2019 SPRING」がベルサール高田馬場で開催される。(2019/4/26)

ドコモ、2019年9月20日に5Gプレサービス開始 米Magic Leapとの提携も
NTTドコモが、4月26日に実施した2018年度の決算説明会で「5G」サービスの詳細を発表した。5Gのプレサービスは、ラグビーワールドカップに合わせ、2019年9月20日に開始する。MR領域を強化すべく、米Magic Leapと資本提携を行い、同社製品をドコモが販売する。(2019/4/26)

西村博之が語る「令和ニッポンの処方箋」【後編】:
ひろゆき流“オワコン日本”の幸福論―― 他人とズレていたほうが幸せになれる!!
ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。最終回は“オワコン日本”でも「おいしく」生きていくための方法論。(2019/4/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「会社員消滅時代」到来? 令和時代の“自由な働き方”に潜む落とし穴
平成30年間で会社の「働かせ方」は変わり、働く人との“信頼”は崩壊した。令和時代の働き方はどうなるのか。政府が公表している報告書を読み解くと、「自立」という美しい言葉が目立つ。だが、そこには落とし穴があって……。(2019/4/26)

セコム、“バーチャル警備員”を開発 「令和時代の当たり前にしたい」 人手不足対策で2020年の実用化を目指す
セコムら4社が、ミラーディスプレイにバーチャルキャラクターを表示する警備システムを開発した。警備員が施設の受付業務を担うニーズに応えるもので、2020年の実用化を目指す。(2019/4/25)

ファシリティマネジメント フォーラム2019:
バーチャルツアーと電子マニュアルを統合、日比谷総合設備が提案する“ペーパーレス”設備管理
空気調和、給排水衛生、電気、情報通信などの幅広い設備事業を展開している日比谷総合設備。建築設備の点検・保守業務の効率化を目指し、パノラマ画像と、設備機器の説明書などのデジタルデータを融合させたパノラマシステムの開発に取り組んでいる。(2019/4/25)

初の「春組」単独公演! 満開に咲き誇った舞台「MANKAI STAGE『A3!』〜SPRING 2019〜」公開ゲネプロ
始まりましたー!(2019/4/25)

用途はセキュリティ対策だけではない
患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選
医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。(2019/4/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。