ニュース
» 2020年02月17日 16時01分 公開

Rapoo、金属筐体を採用した薄型デザインのBluetoothキーボード

ユニークは、中国Rapooブランド製の薄型Bluetoothキーボード「Rapoo E6080」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ユニークは2月17日、中国Rapooブランド製の薄型Bluetoothキーボード「Rapoo E6080」の取り扱いを発表、2月28日に販売を開始する。価格は6028円。

photo
photophoto Rapoo E6080

 Bluetooth 3.0/4.0接続に対応したワイヤレスキーボードで、筐体にはステンレスとアルミ合金を採用し最薄部5.6mmのスリム筐体を実現した。キーレイアウトはテンキーレスの日本語78キー配列となっている。

 マルチペアリングにも対応、3台までの機器の登録と切り替えが可能だ。バッテリーはリチウムポリマー電池を内蔵、想定駆動時間は最大90日となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう