プロナビ
レビュー
» 2020年03月12日 11時30分 公開

Wi-Fi 6もLTEも光学ドライブも内蔵可能:コスパ良好でテレワークにも対応! 堅実なビジネスPC「MousePro NB5」を試す (1/3)

マウスコンピューターの「MousePro NB5」シリーズは、光学ドライブをはじめ、Wi-Fi 6やLTEも内蔵可能なビジネス向けの15.6型ノートPCだ。豊富なBTOメニューが用意されている中から、コスパに優れた“全部入り”モデルをチェックした。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 マウスコンピューターから発売されている「MousePro NB5」シリーズ(以下、NB5)は、主に法人向けとして販売されるビジネス用途に適したコストパフォーマンスのよいノートPCだ。

 第8世代Coreを筆頭として、搭載CPUごとにベースモデルが用意されている。選べるCPUは2コア2スレッドのCeleron 4205U(1.8GHz)、2コア4スレッドのCore i3-8145U(2.1GHz〜3.9GHz)、4コア8スレッドのCore i5-8265U(1.6GHz〜3.9GHz)、4コア8スレッドのCore i7-8565U(1.8GHz〜4.6GHz)の4つが用意されている。

 今回試したのは、Core i3-8145Uを搭載した“全部入り”モデルだ。ビジネス向けらしく、標準のOSがWindows 10 Pro 64bitとなっている他、Wi-Fi 6対応の無線LANやLTEモジュールの内蔵、さらにはDVDスーパーマルチドライブも備えながら9万4800円(税別、以下同)と、価格と性能のバランスに優れた1台に仕上がっている。

MousePro NB5 15.6型液晶ディスプレイを搭載した「MousePro NB5」シリーズ

スリムベゼルですっきりとした見た目のボディー

 評価機に搭載されているCore i3-8145Uだが、第8世代Core iシリーズ(開発コード名:Whiskey Lake)に属するCPUで、グラフィックス機能はIntel UHD Graphics 620だ。

MousePro NB5 評価機のCPU-Z画面
MousePro NB5 GPU-Zの画面

 ニーズに応じたパーツを選べる同社製PCらしく、スペックの選択肢は豊富だ。標準8GBのメモリは最大32GBまで、ストレージはSATA接続の256GB SSD(M.2 SSD)だが、BTOではPCI Express接続から容量(最大2TBまで)を含めて型番を指定できる充実ぶりだ。

 さらにセカンドドライブとして、SSD(480GB〜2TB)やHDD(1TB/2TB)も追加できるのがうれしい。

MousePro NB5 底面のカバーを開けたところ。各種スロットに簡単にアクセスできる他、左側にセカンドドライブ用の空きベイが見える
MousePro NB5 CrystalDiskInfoの画面。評価機はADATAのSSDを搭載していた

 NB5に採用されている液晶ディスプレイは15.6型で、1920×1080ピクセル表示に対応する。ノングレアで光の反射が少なく、明るい場所でも非常に見やすい。最近のノートPCでは当たり前となったナローベゼルが採用されており、大きな液晶サイズでもフットプリントは小さめだ。

MousePro NB5 15.6型のフルHD液晶ディスプレイを採用する。左右のベゼル幅は実測で約8mmとスリムだ
MousePro NB5 液晶ディスプレイは約145度まで開ける

豊富なインタフェースを装備

 インタフェースも豊富だ。左側面に電源、有線LAN用のRJ-45、D-Sub 15ピン、USB Type-C、HDMI、USB 3.0(Type-A)の各端子が配置されている。特にUSB Type-C端子はUSB Power Deliveryに対応しており、40W(20V/2A)以上の出力が可能なアダプターを別途用意すれば、本機に充電も行える(ただし映像出力は非対応)。

 一方の右側面にはヘッドフォン/ヘッドセット、マイク、USB 2.0(Type-A)の各端子に加え、DVDスーパーマルチドライブが配置されている。SDメモリーカードスロット(UHS-I対応)は正面左側にある。

 Thunderbolt 3にこそ非対応だが、新旧インタフェースが一通り搭載されており、ビジネスシーンではプロジェクターなどへの接続や、HDMIに対応していないデバイスにつなぐときもあるだろうから、D-Sub 15ピン端子が用意されているのはありがたい。

MousePro NB5 前面にアクセスランプとSDメモリーカードスロットがある
MousePro NB5 背面はバッテリーのみでシンプルだ
MousePro NB5 左側面にはUSB Type-C端子や排気口がある
MousePro NB5 右側面にDVDスーパーマルチドライブやマウス用のUSB端子が並ぶ

 特徴的なのは、DVDスーパーマルチドライブを内蔵していることだろう。最近ではCD-ROMやDVD-ROMでのやりとりよりも、クラウドを介してファイルを送受信したり、USBメモリやSDメモリーカードでのやりとりが多かったりするため、CD/DVDメディアを使うことはなくなってきていると思いがちだ。

MousePro NB5 スリムタイプの光学ドライブを内蔵する。それでも、重量は約2.1kgと持ち運べるレベルにある

 しかし、一般の店頭では光学ドライブのニーズが根強くあり、業務で光学メディアの扱いが必須であるケースもまだまだ多い。その点、標準でDVDスーパーマルチドライブが用意されているNB5シリーズは貴重な選択肢の1つとなる。もちろん、必要がない場合は、BTOで「なし」を選んだり、BDXLの読み書きに対応したBlu-rayディスクドライブやDVD-ROMドライブに変更したりできるのもユニークだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう