プロナビ
レビュー
» 2020年04月06日 12時12分 公開

テレワークにもエンタメにも役立つ! 大画面4K液晶ディスプレイ「ProLite XB3288UHSU」を試す (1/3)

作業領域が広くなる4K(3840×2160ピクセル)の高解像度は欲しいけど、小さい画面サイズだと文字が見えずらい。さらに仕事だけでなくエンターテインメントでも活用したい。そんな要望にきちんと応えてくれる液晶ディスプレイをチェックした。

[マルオマサト,ITmedia]

 マウスコンピューターが展開するiiyamaブランドの「ProLite XB3288UHSU」は、4K解像度に対応した31.5型の大画面液晶ディスプレイだ。VA方式の液晶パネルを採用し、10bit(10億7000色)表示、NTSC比95%の広色域、HDR10入力に対応するなど高機能な製品となっている。特徴を詳しく見ていこう。

ProLite XB3288UHSU マウスコンピューターのiiyamaブランドに属する「ProLite XB3288UHSU」は、4K解像度に対応した31.5型の大画面液晶ディスプレイだ。VA方式を採用し、表面はノングレア仕上げとなっている。

シンプルなデザインで省スペースかつ多機能なスタンドを装備

 非光沢のブラックで統一したボディーサイズは、約730(幅)×230(奥行き)×458.5〜578.5(高さ)mm、重量はスタンドを含めて約8.9kg(本体のみだと約6.2kg)だ。

 左右のベゼル幅は実測で15mm弱といったところ。フレームレスというほど極端ではないが、スリムなベゼルを採用することで、31.5型の大画面でも比較的圧迫感のない大きさだ。スタンドの底面積も約300(幅)×230(奥行き)mmと、画面のわりにコンパクトなので、机の上のスペースをあまり占有せず、設置をしても窮屈に感じない。

 画面やスタンドの可動範囲が広いのも特徴だ。画面のチルト角度は下3度、上22度、スタンドの高さ調節は120mm、さらに90度のスイベルが可能になっている。作業姿勢や椅子の高さに応じて、柔軟かつスムースに変更できる。

ProLite XB3288UHSU 31.5型の大画面液晶ディスプレイとしてはスリムなフォルムで、多機能なスタンドもコンパクトだ。スタンドの高さは120mmの範囲で調整できる
ProLite XB3288UHSU 下3度、上22度まで画面の位置調整が可能だ
ProLite XB3288UHSU ボディーカラーはマットブラックで、シンプルなデザインだ。背面上部に3W+3Wのステレオスピーカーも内蔵する

豊富なインターフェイス、操作しやすいOSD

 映像入力端子としてDisplayPortと2基のHDMI端子を搭載しており、最大で3つの画面を切り替えて使える。

 拡張インタフェースも豊富で、USB 3.0(Type-B、アップストリーム)を1基、USB 3.0(Type-A、ダウンストリーム)を2基備える。また、3W+3Wのステレオスピーカー、ヘッドフォン出力(3.5mmステレオミニジャック)も内蔵する。

 電源ボタンとOSD(オンスクリーンボタン)ボタンを兼ねたジョイスティック式のボタンが、本体裏側の下部にある。本体裏側だと使いにくいように思うかもしれないが、これがむしろ使いやすい。ボタン1つが独立して設置されており、周囲もくぼんでいるため、手探りで簡単に位置が把握でき、クリック感もしっかりあるので、押したことや押した方向が実感できるようになっているからだ。OSDメニューもシンプルで、説明書を見なくともすぐになじめるだろう。

ProLite XB3288UHSU 背面部にある映像入力端子は、HDMIが2基、DisplayPortが1基。ヘッドフォン端子もある。
ProLite XB3288UHSU USB 3.0のハブ機能も搭載する。USB 3.0(Type-B、PC接続用)を1基、USB 3.0(Type-A、周辺機器接続用)を左側面に2基備えている
ProLite XB3288UHSU 電源とOSD操作を兼ねるジョイスティック式ボタンが背面右側面部にある。周囲がくぼんでおり、手探りでもすぐに判別できる
ProLite XB3288UHSU OSDメニューは項目がシンプルに整理されており、ジョイスティックで直感的に操作できる。

 早速、PCに接続して使ってみよう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう