ニュース
» 2020年04月20日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:Intel NUCにMSIノートPC……第10世代Core搭載モデルが続々登場 (1/4)

テレワーク需要が急伸する中で、Intelの第10世代Core iシリーズを搭載したPCやベアボーンキッとが次々に登場している。一方で、電源タップやキーボードの入荷もみられた。

[古田雄介,ITmedia]

 先週目立っていたのは、Intelの第10世代Core iシリーズを搭載した新製品だ。Intelからは超小型ベアボーンキット「NUC10i3FNH」と、OS込みの完成品PC「NUC10i3FNHFA」が登場した。価格は順に3万9000円弱と6万9000円弱(税込み、以下同)となる。

NUC10i3FNH Intel NUC「NUC10i3FNH」
NUC10i3FNA こちらはメモリやストレージ、OS込みのIntel NUC「NUC10i3FNHFA」

2.5インチベイ付き第10世代Core i3搭載NUCがベアと完成品PCで登場

 2モデルとも、先々週に登場した「NUC10i3FNK」と同じく、2コア4スレッドのCore i3-10110U(2.1GHz〜4.1GHz)をオンボードで実装しており、DDR4 SO-DIMMスロット2基とM.2 SSD(SATA/PCIe Gen3 x4)スロット1基を備える点も共通している。加えて、高さを約51mmにすることで7mm厚の2.5インチSATAドライブを組み込めるベイを追加しているのが特徴だ。

 完成品PCのNUC10i3FNHFAは、ここに4GB×2枚のメモリと1TB HDD、16GB Optane Memoryを搭載し、Windows 10 Home(64bit)をプリインストールした構成となっている。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「注目されているのは4月初旬登場のCore i7モデル『NUC10i7FNH』ですが、モノがないのとCore i3-10110Uでもブーストで4GHz超えするので、こちらも実用性は高いと思います」と評価していた。

 ただ、超小型ベアボーンとPC全体の売れ行きでみると、ASRockの「DeskMini A300」が目立っているという。「デスクトップ用のCPUが載せられるのでパワーが違います。一番人気のRyzen 5 3400Gは枯渇していますが、3200Gを搭載しても十分にパワフルです。その上で7万円ちょっとで実用十分な構成にできますからね」とのことだ。

NUC10i3FNH パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のl「NUC10i3FNH」のPOP
DeskMini A300 同じくASRock「DeskMini A300」のPOP

 続いて、ノートPCの新モデルを見ていく。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう