連載
» 2020年04月20日 22時00分 公開

iPad Proを“Mac化”する「Magic Keyboard」は高価でも買い? その完成度を確かめた本田雅一のクロスオーバーデジタル(4/4 ページ)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

1つだけマニアックな要望を

 ところでMagic Keyboardを使い始める際に、1つ期待していたことがある。Macから「Sidecar」で接続しているとき、iPad Pro側のトラックパッドがリモートでつながっているMacの操作に使えればいいのに、と思っていたのだ。

 今から思い返せば、「Magic Trackpad 2」を使って試していればよかったのだが、期待は霧散した。SidecarでつながっているiPad Proのトラックパッドは、iPad Proの操作にしか利用できない。

 また、今回初めて気付いたのだが、SidecarでつながっているiPadのキーボードを、Mac側は漏れなくASCII配列だと誤認する。しかもCommandキーなどとのコンビネーションも効かないため。マウスなどで行う操作が増えてしまう。

 従って、Magic Keyboardを装着したiPad ProをSidecarでMacのリモート端末にするという期待は淡く消え去った。これが実用的に発展してくれれば、使い方の幅が広がると思うのだが、Appleさん、いかがだろう?

 マニアックすぎて受け入れられることはないだろうが、せめてSidecarにおけるキーボードの日本語配列には対応してほしいものだ。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう