ニュース
» 2020年10月12日 12時14分 公開

Fnatic Gear、ゲーミングキーボード「miniSTREAK」に日本語配列モデルを追加

アスクは、Fnatic Gear製ゲーミングキーボード「miniSTREAK」の販売ラインアップに日本語配列モデル計3製品を追加する。

[ITmedia]

アスクはこのほど、Fnatic Gear製ゲーミングキーボード「miniSTREAK」の販売ラインアップに日本語配列モデルを追加、10月23日に販売を開始する。

photo miniSTREAK JPシリーズ(左)、miniSTREAK SPEED JP(右)

 メカニカルキースイッチを採用するUSB有線接続対応ゲーミングキーボード「miniSTREAK」シリーズのバリエーション構成モデルで、キーレイアウトを日本語91キー配列(かな刻印なし)としたモデルだ。

 今回の追加ラインアップで、静音軸キー(Cherry MX RGB Silent Red)採用モデルの「miniSTREAK Silent Red JP」、茶軸キー(Cherry MX RGB Brown)採用モデルの「miniSTREAK Brown JP」、応答速度に優れるKailh製銀軸キー(Kailh Speed Silver)採用モデルの「miniSTREAK SPEED JP」の3タイプが追加。miniSTREAK Silent Red JP/同 Brown JPの2製品には着脱式のパームレストも付属する。

 予想実売価格はminiSTREAK Silent Red JP/同 Brown JPが1万8700円前後、miniSTREAK SPEED JPが1万4300円前後だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう