ニュース
» 2020年10月16日 10時00分 公開

フォスター電機と共同開発:NECが完全ワイヤレスイヤフォンを開発 Makuakeで500台限定販売 耳音響認証対応(Androidのみ)

NEC(日本電気)が、スマートフォンやPCで使える完全ヒアラブルイヤフォンをクラウドファンディングサイト「Makuake」で販売する。フォスター電機と共同開発したもので、アクティブノイズキャンセリングにも対応。Android 10以上を搭載するスマートフォンと組み合わせると、耳音響認証を使ったセキュアなボイスメモを取れる仕組みも備わっている。

[井上翔,ITmedia]

 NEC(日本電気)は10月16日から2021年1月13日まで、「トゥルーワイヤレス型ヒアラブルデバイス」を応援購入(クラウドファンディング)サービス「Makuake」を通して販売する。500台限定で、販売価格は2万9800円(税、送料込み)となる。出荷は2021年2月以降に行われる予定だ。

トゥルーワイヤレス型ヒアラブルデバイス トゥルーワイヤレス型ヒアラブルデバイス(本体)

デバイスの概要

  NECでは従来、工場を中心とする作業現場向けにネックバンド型のヒアラブルデバイスを提供してきたが、「より多くのビジネスパーソンがさまざまなシーンで活用できる」(担当者)ことを目指し、完全ワイヤレスタイプの開発を進めることにしたという。

 このデバイスは、音響機器の製造で実績のあるフォスター電機と共同開発された。デバイス本体には55mAのバッテリーを内蔵しており、4.85mmのドライバー、マイク、近接センサーや操作用のタッチパッドなどを備えている。親機(スマートフォンやPCなど)との通信は、Bluetooth 5.1で行う。

構造図 デバイス本体の構造図

 マイクは本体の内側と外側にあり、これらを利用したアクティブノイズキャンセリングに対応している。自宅やシェアオフィスなど、周囲の音が気になる環境でも、快適にコミュニケーションが取れるという。

ノイズキャンセリング 本体の内外にあるマイクを使って、アクティブノイズキャンセリングを行える

 親機がAndroid 10以上のスマートフォンの場合、、NEC の生体認証「Bio-IDiom(バイオイディオム)」を活用したセキュアな音声メモを保存するアプリを利用できる。このアプリでは、スマホから送信された音に対する反響音を解析し、本体を身につけているのが本人かどうか確認する「耳音響認証」を行う。将来的には、この耳確認認証を活用したパーソナライズドサービスの提供も目指すという。

耳音響認証 Android 10以上のスマートフォンでは、耳音響認証(画像)を使ったボイスメモアプリを利用できる

 本体のサイズは約25(幅)×21.7(高さ)×27.2(奥行き)mmで、重量は1個当たり約8gとなる。充電ケースのサイズは約41(幅)×67.0(高さ)×47(奥行き)mmで、重量は約60gとなる。連続再生時間と連続通話時間は、最大で約6時間となる。

装着イメージ 装着イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう