Googleの完全ワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」がついに日本上陸 直販価格は2万800円(税込み)

» 2020年08月04日 00時00分 公開
[井上翔ITmedia]

 Googleは8月20日、Bluetoothワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」を発売する。同社の直販サイト「Google Store」の他、主要な家電量販店、au(KDDIと沖縄セルラー電話)やソフトバンクでも取り扱う。直販価格は2万800円(税込み)だ。

Pixel Buds Pixel Buds(Clearly White)

 Pixel BudsはBluetooth 5.0対応の完全ワイヤレスイヤフォンで、専用設計された12mmのダイナミックスピーカードライバーによって上質かつ豊かなサウンドを実現。数千人分の耳の形状をスキャンした結果から形状も決定しており、激しい運動中でも落下しにくいようになっているという。

機能概要 Pixel Budsの概要

 ビームフォーミングマイクや音声加速度計などを生かして、静かな場所でも騒がしい場所でもクリアな音声が再生できるようになっており、音量を自動調整する「アダプティブサウンド」にも対応している。Androidスマートフォンと組み合わせた場合は、音声をリアルタイムで翻訳する機能も利用できる(日本語や英語を含む40言語に対応)。

 イヤピースはIPX4等級の防滴性能を備えており、運動中に汗をかいても安心して利用できる。イヤピースのカラーは、日本では「Clearly Whiter(クリアなホワイト)」「Almost Black(ほとんどブラック)」「Quite Mint(とてもミント)」の3つから選べる。

イヤピース イヤピースは3色から選べる

 充電用のケースは、Qi(チー)規格に準拠したワイヤレス充電と、USB Type-Cケーブルを使った有線充電に対応している。稼働時間は以下の通り。

  • 音楽再生時間:イヤフォン単体で最長5時間、ケースと併用で最長24時間
  • 音声通話時間:イヤフォン単体で最長2.5時間、ケースと併用で最長12時間

 このイヤフォンは、Bluetooth 4.0以降を搭載するスマホ、タブレットやPCで利用できる。全ての機能を利用するには、Android 6.0以降を搭載し、Googleアシスタントの設定が完了したAndroid端末が必要だ。

 なお、Android 6.0以降を搭載するAndroid端末(Pixelを含む)では、ペアリング(ひも付け)を高速で行うことができる。

利用できる機能 プラットフォームごとに利用できる機能

主な販路

 Pixel Budsを取り扱う主な販路は以下の通り。

  • Google Store
  • au
  • ソフトバンク
  • エディオン
  • コストコ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
販路 主な販路

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  2. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  3. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  4. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  8. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  9. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年