ニュース
» 2020年08月04日 00時00分 公開

Googleから「Pixel 4a」が8月20日に登場 直販価格は4万2900円(税込み) ソフトバンクも取り扱い

Googleのスマートフォン「Pixel」に新モデルが登場する。Pixel 3a/3a XLの後継モデルで、今回はワンサイズ提供となる。国内ではGoogle直販の他、ソフトバンクでも取り扱う。

[井上翔,ITmedia]

 Googleは8月20日、新型のミドルレンジスマートフォン「Pixel 4a」を発売する。同社の直販サイト「Google Store」における販売価格は4万2900円(税込み)で、8月14日から販売予約を受け付ける。大手キャリアではソフトバンクも取り扱う。

 なお、2020年後半には「Pixel 4a 5G」と「Pixel 5」も発売される。直販価格は6万500円(税込み)からで、スペックや販路などの詳細は後日発表される予定だ。

Pixel 4a Pixel 4aのパッケージと本体。カラーは「Just Black(ジャストブラック)」のみとなる

Pixel 4aの概要

 Pixel 4aは、2019年5月17日に発売された「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の後継モデルで、同年10月24日に発売された「Pixel 4」の廉価モデルである。画面サイズが大きくなったこともあり、今回は「XL」の付く大画面モデルは用意されない。ボディーカラーは「Just Black(ジャストブラック)」のみとなる。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 730G」(CPU部は8コア)で、Google独自のセキュリティモジュール「Titan M」も搭載している。メインメモリは6GB(LPDDR4x)、内蔵ストレージは128GBを備える。microSDには対応しない。

 ディスプレイは5.81型有機ELで、解像度はフルHD+(1080×2340ピクセル)、コントラスト比は10万:1で、HDR(ハイダイナミックレンジ)表示にも対応する。左上のインカメラ周辺部にはパンチホール(切り抜き穴)がある。

インカメラ ディスプレイのインカメラ周辺部にはパンチホールがある

 バッテリー容量は3140mAhで、「自動調整バッテリー」などを活用することで最大で1日中、再充電なしで利用できるという。

 外部接続端子はUSB 3.0(USB 3.1 Gen 1)Type-Cで、USB Power Delivery(USB PD) 2.0に準拠した急速充電(最大18W)に対応している。本体にも、この出力に対応するACアダプターが付属する。3.5mmイヤフォンマイクジャックも備えている。本体スピーカーは2つ備えており、ステレオ再生に対応する。

 本体背面には画面ロック解除や各種認証に利用できる指紋センサー「Pixel Imprint」を搭載している。日本向けモデルでは、NFCに加えておサイフケータイ(モバイルFeliCa)にも対応する。

USB 本体下部にはメインマイク、USB Type-C端子とスピーカーを備える
付属品 本体に付属するACアダプター(18W)、USB Type-Cケーブル、クイックスイッチアダプター(USB Type-C to Type-Aアダプター)
イヤフォン 本体上部にはサブマイクと3.5mmイヤフォンマイクジャックを備える
指紋センサー NFCやおサイフケータイの通信部は、Pixel Imprintの周辺にある。利用時は、Pixel Imprintのあたりをかざすように利用しよう

 アウトカメラはシングル構成となる。センサーは約1220万画素のデュアルピクセルセンサーで、レンズはF1.7、視野角77度のものを備える。光学式と電子式の手ブレセンサーも利用できる。インカメラは約800万画素(F2.0、視野角84度)のシングル構成だ。

 Pixel 4/4 XLのデュアル構成からシングル構成にスペックダウンしているものの、「Live HDR+」「デュアル露出補正」「夜景モード(天体撮影対応)」「ポートレートモード」「超解像ズーム」といったPixel 4/4 XLが備える主要な撮影モードは利用できる。

アウトカメラ アウトカメラは、Pixel 4/4 XLにおける「広角」相当のもののみ搭載している
超解像ズーム Pixel 4aで撮影した「超解像ズーム」の作例。右側が超解像ズームを適用したものだ(提供:Google、©Takahiro Bessho)
天体その1天体その2 夜景モードにおける天体撮影もできる(提供:Google、©Takahiro Bessho)

 日本向けモデルのSIMカードは、Nano SIMと本体に内蔵された「eSIM」のデュアル構成となる。Nano SIMについては、全ての国内キャリアのものに対応している。

 利用できる通信規格と周波数帯(Band)は以下の通り。LTE利用時の最大通信速度(理論値)は下り600Mbps、上り75Mbpsとなる。

  • FD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/66
  • TD-LTE:38/39/40/41/42
  • W-CDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

 無線LANはWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)に対応し、Bluetooth 5.0も利用できる。Bluetoothオーディオ(A2DP)プロファイルでは、コーデックとしてSBCの他、AAC、aptX、aptX HD、LDACも利用できる。

Nano SIM SIMカードはNano SIM(写真)の他、eSIMにも対応している

 ボディーサイズは約69.4(幅)×144(高さ)×8.2(厚さ)mmで、重量は約143gとなる。

 OSは「Android 10」をプリインストールし、発売から3年間のOSバージョンアップとセキュリティパッチの提供が保証され。購入者には、「YouTube Premium」と「Google One」の3カ月無料利用権が付与される。

左側面 左側面には何もない
右側面 右側面には電源ボタンとボリュームボタンがある

純正オプションも登場

 Pixel 4a用の純正オプションとして、ファブリックケースも用意される。直販価格は5280円(税込み)で、「Basically Black(ベーシカリーブラック)」「Static Grey(スタティックグレー)」「Blue Confetti(ブルーコンフェティ)」の3色を取りそろえる。

純正ケース 純正のファブリックケースも登場
ケースのパッケージ ファブリックケースのパッケージ(Basically Black)
装着した様子(その1)装着した様子(その2) ファブリックケース(Basically Black)を取り付けたPixel 4a

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう