ニュース
» 2019年10月16日 11時42分 公開

「Pixel 4/4 XL」が10月24日に発売 税込みで約9万円から ソフトバンクも取り扱い

Googleが10月16日、新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」の日本発売を発表した。16日からGoogleストアで予約を受け付け、24日から購入できる。Googleの他、ソフトバンクも取り扱う。

[田中聡,ITmedia]

 Googleが10月16日、新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」の日本発売を発表した。16日からGoogleストアで予約を受け付け、24日から購入できる。カラーはClearly White、Just Black、Oh So Orange(限定色)の3色展開。Googleの他、ソフトバンクも取り扱う。

Pixel 4 新スマートフォン「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」

 Googleストアでの価格(税込み)はPixel 4の64GBモデルが8万9980円、128GBモデルが10万3950円、Pixel 4 XLの64GBモデルが11万6600円、128GBモデルが12万8700円。純正ファブリックケースが5280円。

Pixel 4 Googleストアでの価格

 ソフトバンクの価格(税込み)は、Pixel 4の64GBモデルが8万7840円、128GBモデルが10万1760円、Pixel 4 XLの64GBモデルが11万4240円、128GBモデルが12万6720円。48回割賦で購入し、25カ月目に端末を返却すると、24回分の支払いを免除する「トクするサポート」を適用できる。

 Pixel 4/4 XLはカメラが大きく進化。1200万画素センサーとF1.7レンズを組み合わせた広角カメラと、1600万画素センサーとF2.4レンズを組み合わせた望遠カメラを搭載している。どちらのカメラも光学式および電子式の手ブレ補正が可能だ。デュアルカメラを生かした「超解像ズーム」も利用できる。「Night Sight(夜景)」モードが強化され、夜空の星をきれいに撮影できるという。

 画面上部に搭載した「Soli Rader」を用いたジェスチャー操作「Motion Sense(モーションセンス)」も利用できる。端末に手を伸ばすだけで顔認証でロックを解除する、端末のそばを離れたときに画面をオフする、手の動きだけで音楽の曲送りをする、といったことができる。ただし日本では発売当初はモーションセンスを利用できず、2020年春から利用可能になる予定。

 Googleアシスタントも進化。これまでよりも処理が軽量化され、同時に処理できることが増えるという。日本では、新しいGoogleアシスタントは2020年春から利用可能になる予定。

 ディスプレイはPixel 4が5.7型フルHD+、Pixel 4 XLが6.3型QHD+の有機ELディスプレイを搭載。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 855」で、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは64GBまたは128GBを備える。microSDメモリカードスロットは備えない。IP68の防水・防塵(じん)やおサイフケータイ(FeliCa)にも対応する。また、eSIMに対応することもトピックの1つだ。

 OSはAndroid 10をプリインストールし、最低3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートを保証する。

【更新:2019年10月16日13時29分 ソフトバンクの価格を追記しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10