ニュース
» 2020年10月20日 22時00分 公開

Adobe、iPad版「Illustrator」を正式リリース iPhone版Frescoも合わせて発表

Adobeが、ついにiPad版「Illustrator」を正式リリースする。スケッチアプリ「Fresco」のiPhone版と、AR制作ツール「Aero」のWindows/macOS版(パブリックβ)も公開する。

[ITmedia]

 米Adobeは10月20日、iPad(iPadOS)版「Adobe Illustrator」を正式リリースする旨を発表した。ドローイング/ペイントアプリ「Adobe Fresco」のiPhone(iOS版)のリリースと、AR(拡張現実)コンテンツ制作アプリ「Adobe Aero」のデスクトップ(Windows/macOS)版のパブリックβテストの開始も合わせて発表している。

概要スライド

iPad版Illustrator

 iPad版Illustratorは、有料サブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」でIllustratorを含むプラン(ライセンス)を持っている契約者であれば追加料金なしで利用できる。そうでない場合は、月額1080円(App Store内課金、税込み)で単体利用できる。

 iPad版Illustratorのリリースに合わせて、デスクトップ(Windows/macOS)版のIllustratorには「クラウドドキュメント機能」が搭載される。

 この機能を使ってクラウド(オンラインストレージ)に作業データを保存しておくと、デスクトップ版とiPad版でシームレスに作業を継続できるようになる。Adobeの会員コミュニティ「Behance(ビハンス)」を通して作業の様子をライブ配信できる「ライブストリーミング機能」も実装した。

photo iPad版「Adobe Illustrator」

iPhone版Fresco

 Frescoには現在、iPad版とWindows版(一部のハードウェアに対応)がある。

 今回、モバイル対応を強化する観点からiPhone版アプリも新規投入される。

 基本的な機能は無料で、追加ブラシやクラウドストレージ(100GB)などを利用できる有料の「プレミアム機能」も用意されている。プレミアム機能はAdobe CCの特定プラン(※)に加入していれば追加料金で利用できる他、月額1080円(App Store内課金、税込み)を支払って単体利用することもできる。App Store内課金で利用している場合は、iPad版のPhotoshopも同一ライセンスで利用可能だ。

(※)Fresco単体プラン、Photoshop単体プラン、コンプリートプラン

photo iPhone版Fresco

Windows/macOS版Aero(パブリックβ)

 Aeroのデスクトップ版は、ユーザーからの要望を受けて開発された。今回は「Adobe Creative Cloud」ユーザー向けのパブリックβアプリとして登場する。

 モバイル版よりも高い精度で複雑な作業が可能になるとしているが、実空間に重ねて作品を体験するにはiOSデバイスが別途必要となる。

photophoto

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう