ニュース
» 2020年10月29日 02時30分 公開

米国では11月8日から順次発売:AMDの新GPU「Radeon RX 6000」シリーズ正式発表 DirectX 12 Ultimate対応で579ドル(約6万円)から

AMDが、RDNA2アーキテクチャに基づく新GPUを搭載するグラフィックスカードを正式リリースした。DirectX 12 Ultimateに対応し、リアルタイムレイトレーシングも利用可能だ。同社のRyzen 5000シリーズと組み合わせると、さらにパフォーマンスが向上する仕組みもある。

[井上翔,ITmedia]

 AMDは10月28日(米国東部夏時間)、「RDNA 2」アーキテクチャに基づく新型GPUを搭載するグラフィックスカード「Radeon RX 6000」シリーズを発表した。想定販売価格は579ドル(約6万円)からで、米国では11月18日から順次発売される。

Radeon RX 6900 XT Radeon RX 6000シリーズのフラッグシップモデル「Radeon RX 6900 XT」を手にするリサ・スーCEO

Radeon RX 6000シリーズの概要

 Radeon RX 6000シリーズで使われるRDNA2アーキテクチャのGPUは、前世代の「RDNA」アーキテクチャと同様に7nmプロセスで製造される。命令パイプラインの改善、「Infinity Cache」と呼ばれる新たなキャッシュメモリの採用、動作クロックの向上などの効果により、RDNA比で最大で50%以上のパフォーマンス向上を果たした。

当初計画 当初計画では、RDNA比で最大50%のパフォーマンス向上だったが……
Infinity Cache 新しいInfinity Cacheの採用や……
クロックアップ 動作クロック(周波数)を最大1.3倍に引き上げるなど改善を施し……
目標を上回る 目標を上回る性能改善を実現

 Radeon RX 6000シリーズはMicrosoftの「DirectX 12 Ultimate」をサポートし、リアルタイムレイトレーシング(RT)にも対応している。NVMeストレージからグラフィックスメモリに直接データを読み込む「DirectStorage」も利用可能だ。

 さらに、自社のRyzen 5000シリーズ(デスクトップ向け第4世代Ryzen)プロセッサと組み合わせた場合、CPUからグラフィックスメモリにフルアクセスできる「AMD Smart Access Memory」を利用することでさらなるパフォーマンス向上を図れるという。同社独自の画質改善機能「AMD FidelityFX」も利用可能だ。

DX12 DirectX 12 UltimateとDirectStorageをサポート
AMD Smart Access Memory Ryzen 5000シリーズと組み合わせると、AMD Smart Access Memoryによりさらなるパフォーマンス向上が期待できる

製品ラインアップ

 今回発表されたグラフィックスカードは、グレードの低い順に「Radeon RX 6800」「Radeon RX 6800 XT」「Radeon RX 6900 XT」の3種類。それぞれの主なスペックは以下の通り。なお、全カード共に128MBのInfinity Cacheと16GBのグラフィックスメモリ(GDDR6規格)を搭載している。

  • Radeon RX 6800:演算ユニット60基、消費電力250W
  • Radeon RX 6800 XT:演算ユニット72基、消費電力300W
  • Radeon RX 6900 XT:演算ユニット80基、消費電力300W

 Radeon RX 6800は、4K(3840×2160ピクセル)でのゲーミングにおいてNVIDIAの「GeForce RTX 2080 Ti」と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するという。ただし、Smart Access Memoryを有効にした場合(≒Ryzen 5000シリーズと組み合わせた場合)の数値である。

 Radeon RX 6800 XTでは、WQHD(2560×1440ピクセル)でのゲーミングにおいて、消費電力が20W高い「GeForce RTX 3080」と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するという。これにSmart Access Memoryと「Rage Mode」(オーバークロック)を併用すると、4KでもRTX 3080に並ぶか、それを上回る性能を発揮できるそうだ。

 Radeon RX 6900 XTでは、Smart Access MemoryとRage Modeを併用することで、4Kゲーミングにおいて消費電力が50W高い「GeForce RTX 3090」と同等かそれ以上のパフォーマンスになるという。

RX 6800 RX 6800(Smart Access Memory有効時)とRTX 2080 Tiの4Kにおけるフレームレート比較。AMDはRX 6800を「4K60p(4Kで毎秒60フレーム)」のゲーミングへのステップアップにお勧めとしている
RX 6800 XT RX 6800 XT(Smart Access Memory有効時)とRTX 3080のWQHDにおけるフレームレート比較。消費電力の割にRTX 3080と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮しているが……
RX 6800 XT(4K) Rage Modeも有効にすると4KでもRTX 3080と同等かそれ以上のパフォーマンスを引き出せるという
RX 6900 XT Radeon RX 6900 XT(Smart Access Memory、Rage Mode有効時)は、GeForce RTX 3090と同等かそれ以上のパフォーマンスとのことだ

 各カードの米国での発売時期と想定販売価格は以下の通り。

  • Radeon RX 6800:11月18日発売、579ドル(約6万円)
  • Radeon RX 6800 XT:11月18日発売、649ドル(約6万7600円)
  • Radeon RX 6900 XT:12月8日発売、999ドル(約10万4000円)
RX 6900 XT フラッグシップのRadeon RX 6900 XTの主な仕様

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう