レビュー
» 2020年11月04日 12時00分 公開

2つの純正キーボードで第4世代「iPad Air」の使い勝手をチェックしたノートPCライクに使えるのはどっち?(6/6 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

選択の鍵を握るのは?

 最後に、意外と選び方に影響を与えるかもしれないのが奥行きだ。画面(iPad Air)を最大まで傾けた状態では、奥行きはMagic Keyboardが約25cm、Smart Keyboard Folioが約20cmと、かなりの差がある。これだけを見れば、例えば列車などで座席背面のテーブルに乗せて使うには、後者の方が有利なように思えるが、実はそうではない。

 というのも、Magic Keyboardは奥行きの中にパームレストが含まれているのに対して、Smart Keyboard Folioはそうではなく、手のひらを支えるスペースが手前にないと、長時間のキー入力が苦痛だからだ。またMagic Keyboardは、画面を限りなく垂直に立てれば、奥行きを20cm程度に抑えられるので、奥行きに制限がある場所ではむしろMagic Keyboardの方が有利だ。

 以上、いろいろな要素から向き不向きを考察したが、いずれにしても、単純に「Magic Keyboardが上位モデル、Smart Keyboard Folioが下位モデル」という位置付けではなく、どちらを選ぶかは利用スタイル次第だ。両者を所有し、用途によって使い分ける人がいてもなんら不思議ではない。そうした点を把握した上で、自分に合った製品をチョイスするのがよさそうだ。

iPad Air 4 従来の第3世代iPad Airでは、Smart Keyboardのキーボード部を背面に格納し、このようなスタンド形状で運用できたが、今回紹介した2製品はいずれもこのスタイルをサポートしていない
iPad Air 4 どちらの製品も上部にApple Pencil(第2世代)を吸着させて充電が行える。今回紹介したキーボード2製品はペン入力に適した傾きにはならないので、iPad Airを取り外して使うことになるだろう
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.