プロナビ
ニュース
» 2020年12月09日 14時31分 公開

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK Z」にWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデル6製品

アイ・オー・データ機器は、同社製の法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズにWindows Server IoT 2019 for Storageモデル計6製品を追加した。

[ITmedia]

アイ・オー・データ機器は12月9日、同社製の法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズにWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデルを追加、12月下旬から順次出荷を開始する。

photophoto
photo HDL2-Z19SATAシリーズ(左上)、HDL4-Z19SATAシリーズ(右上)、HDL4-Z19SATA-U(下)

 Windows Storage Serverを搭載する大規模オフィス向け法人NAS「LAN DISK Z」シリーズの最新モデルで、高度な管理機能を利用できるのが特徴だ。

 製品ラインアップは、Windows Server IoT 2019 for Storage Standardを導入した「HDL2-Z19SATA」「HDL4-Z19SATA」「HDL4-Z19SATA-U」シリーズと、Windows Server IoT 2019 for Storage Workgroupを導入した「HDL2-Z19WATA」「HDL4-Z19WATA」「HDL4-Z19WATA-U」シリーズの計6タイプを用意。それぞれに2ベイ型/4ベイ型/4ベイ搭載1Uラックマウント型の3構成を取りそろえた。

 価格はHDL2-Z19SATAシリーズが18万3000円から、HDL4-Z19SATAシリーズが23万円から、HDL4-Z19SATA-Uシリーズが25万3900円から。HDL2-Z19WATAシリーズが8万8000円から、HDL4-Z19WATAシリーズが15万1000円から、HDL4-Z19WATA-Uシリーズが21万円から(いずれも税別)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう