ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LANDISK 」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「LANDISK 」に関する情報が集まったページです。

アイ・オー、10GbE対応の法人NASに2ベイ搭載コンパクトモデル
アイ・オー・データ機器は、同社製法人向けNAS「LAN DISK」に10GbE接続対応の2ベイ搭載モデルを追加した。(2021/4/7)

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK Z」にWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデル6製品
アイ・オー・データ機器は、同社製の法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズにWindows Server IoT 2019 for Storageモデル計6製品を追加した。(2020/12/9)

PR:中身を一新してより快適に! Windows Server IoT 2019搭載NAS「LAN DISK Z」ハイエンドモデルを試す
 アイ・オー・データ機器のWindows Server搭載の法人向けのNAS「LAN DISK Z(HDL-Z)シリーズ」は、さまざまな規模や用途に対応できる豊富なラインアップが特徴だ。そのハイエンドモデルに「Windows Server IoT 2019」を搭載する新モデルが登場したことを受け、第1弾の4ベイモデルをチェックする。(2020/6/24)

アイ・オー、個人向けNASに2.5GbE接続対応の高速モデル
アイ・オー・データ機器は、マルチギガビット接続をサポートした個人向けNAS「HDL-AAX」「HDL2-AAX」シリーズの発表を行った。(2020/1/22)

アイ・オー、10GbE対応の法人向けNAS「HDL-HA」シリーズ 20年2月上旬に発売
アイ・オー・データ機器は12月25日、10GbEに対応する法人向けNAS「HDL-HA」シリーズを発表、2020年2月上旬より出荷を開始する。(2019/12/26)

アイ・オー、法人向け「LAN DISK Z」にWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデル
アイ・オー・データ機器は、法人向けファイルサーバ「LAN DISK Z」シリーズに最新のWindows Server IoT 2019 for Storage搭載モデルを追加した。(2019/5/23)

PR:最新のWindows Server IoT 2019搭載「LAN DISK Z」がエンタープライズクラスのNASを変える
Microsoftは2019年2月26日、サーバクラスのデバイス向け組み込みOSの最新バージョン「Windows Server IoT 2019」を発表した。Windows Server IoT 2019とはどんなサーバOSなのか、この新OSにいち早く対応したアイ・オー・データ機器の「LAN DISK Z(HDL-Z)」シリーズから見ていこう。(2019/5/23)

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK X」に1Uラックマウントモデル
アイ・オー・データ機器は、同社製の法人向けNAS「LAN DISK X」シリーズにラックマウント型筐体採用の4ベイ搭載モデルを追加した。(2019/3/20)

PR:もはや待ったなし――「RIO Cloud」で始める働き方改革
低価格で導入できる中小企業向けテレワークパッケージの大本命「RIO Cloud」。その活用方法を分かりやすく解説。(2018/9/12)

PR:働き方改革を本当に求められているところへ届けたい! 「RIO Cloud」はいかにして生まれたのか
場所にとらわれずに仕事ができる環境を低コストで導入できるサービスとして大きな注目を集めている「RIO Cloud」。その仕掛け人たちに話を聞いた。(2018/9/7)

情シスの手間を軽減:
NASのHDD異常を事前に検知 アイオー、法人向け予兆通知サービス
アイ・オー・データ機器が、法人向けNASの「LAN DISK H」「LAN DISK X」シリーズを対象にHDDの異常を故障前に検知する「予兆通知サービス」を追加した。(2017/11/15)

2017年春はこれを買う!(1):
エントリー向けNASキット4製品を徹底比較 組立・セットアップ編
各社が発売している2ベイのNASキット4製品を用意し、セットアップから実際の使い勝手に至るまで、スペック表だけでは分からない違いを徹底比較。第1回は「組み立て」および「セットアップ」のポイントをチェックする。(2017/4/18)

アイ・オー、つないですぐ使える「LAN DISKコネクト」機能を備えたスタンダードNAS「HDL-T」シリーズを発売
アイ・オー・データ機器は、個人ユーザー向けスタンダードNAS「HDL-T」シリーズを発表。数クリックで設定を行える簡単設定機能「LAN DISKコネクト」に対応したモデルだ。(2015/10/14)

アイ・オー、6ベイ搭載法人向けNAS「LAN DISK H」に4ドライブ構成モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、6ベイ仕様の法人向けNAS「LAN DISK H」の新モデルを発表。2ベイを空きとした4ドライブ構成となっている。(2015/7/22)

ラディウス、「NePLAYER」アップデートでAirDropやDLNA対応NASなどと連携可能に
ラディウスがスマートフォン向けのハイレゾ再生対応アプリ「NePLAYER」をアップデート。AirDropやDLNA対応NASなどと連携する。(2015/6/26)

アイ・オー、2ベイビジネスNAS“LAN DISK H”に容量2Tバイトの下位構成モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、2ドライブ構成のビジネスNAS「HDL2-H」シリーズのラインアップに容量2Tバイトとなるモデルを追加した。(2015/4/8)

LAN DISKでDropboxとの自動連携が可能に:
生産性が“極めて低い”日本だからDropboxの伸びしろがある
DropboxがソフトバンクC&Sをはじめとする日本企業との業務連携を発表した。今後5年間でDropboxのビジネスユーザーを日本だけで100万人増やす。(2015/4/8)

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK A」シリーズに“WD Red”採用1ドライブ/2ドライブモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、法人向けNAS「LAN DISK A」シリーズに“WD Red”採用の1ドライブ/2ドライブ搭載モデルを追加した。(2015/3/4)

アイ・オー、「LAN DISK H/Z」シリーズに“WD Red”採用の大容量モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK H」「同 Z」シリーズのラインアップに WD Red 6Tバイトモデルを搭載した大容量モデルを追加した。(2014/11/12)

アイ・オー、リモートアクセス対応のスタンダードNAS「HDL-AR」など2シリーズ
アイ・オー・データ機器は、同社製個人向けNAS「LAN DISK A」の新モデル計2シリーズを発表した。(2014/11/5)

RAIDデータ消失の92%は「突然」やってくる:
PR:メーカー別にみるRAID NAS障害対策 〜IO DATA機器編〜
RAID NASメーカーごとに見られる故障の傾向やその対策をデータ復旧のプロに聞く。第2回はIO DATA機器の製品を取り上げる。(2013/12/24)

アイ・オー、「LAN DISK」シリーズに高耐久HDD“WD Red”採用モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、高耐久HDD「WD Red」シリーズを採用したNAS「LAN DISK XVW」「同 XRW/TM」シリーズを発表した。(2013/10/1)

アイ・オー、法人向けのWSS搭載NAS「LAN DISK Z」に高信頼HDD“WD Red”導入モデル3タイプを追加
アイ・オー・データ機器は、Windows Storage Serverを導入した法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズのラインアップに、ウエスタンデジタル製の高信頼HDD搭載モデルを追加した。(2013/7/3)

アイ・オー、法人向けNAS「LAN DISK XR」に“WD Red”採用モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、法人向けNAS「LAN DISK XR」シリーズ4タイプに高信頼HDD「WD Red」搭載モデルを追加した。(2013/5/15)

いつでもあの娘を見ていたいんだ:
低価格ネットワークカメラで“ペット監視システム”を構築する
外出中もペットの様子が気になって仕方がない……そんな人は低価格ネットワークカメラを導入しよう。いつでもハァハァできるぞ!(2013/5/9)

アイ・オー、同社製NAS“LAN DISK”にレプリケーションソフト付きモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NASにCA Technologies製レプリケーションソフト/バックアップソフトを付属したセットモデル計3製品を発表した。(2013/2/13)

アイ・オー、ビジネス向けNAS「LAN DISK Z」にWindows Storage Server 2012搭載モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、法人向けNAS「LAN DISK Z」シリーズのラインアップにWindows Storage Server 2012搭載モデルとなる「HDL-Z4WLCR」「HDL-Z2WM」シリーズを追加した。(2012/12/5)

アイ・オー、ビジネスNAS製品にウイルス対策ソフト搭載モデル
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK XR」シリーズに、トレンドマイクロのウイルス対策ソリューション「NAS Security」を搭載したモデルを追加した。(2012/5/16)

アイ・オー、法人向けNAS“LAN DISK Z”に1Uラックマウントモデル
アイ・オー・データ機器は、Windows Storage Server 2008 R2を導入した1Uラックマウント型NAS「HDL-Z4WSCR」シリーズを発表した。(2012/3/28)

アイ・オー、ビジネスNAS製品に12Tバイトモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK XR/XV」シリーズに容量12Tバイトのモデル3製品を追加した。(2012/3/21)

アイ・オー、法人向けNAS“LAN DISK Z”にストレージ仮想化ソフト「VVAULT」導入モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NAL「LAN DISK Z」のラインアップに「VVAULT Professional OEM」導入モデルを追加した。(2012/3/7)

アイ・オー、“LAN DISK XV”のラインアップに2.5インチHDD搭載モデルを追加
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK XV」シリーズに2.5インチHDD搭載モデル「HDL-XVLP」シリーズを追加した。(2012/2/15)

アイ・オー、“LAN DISK Z”用バックアップソフトの取り扱いを開始
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK Z」のバックアップ用のデータバックアップソフト「ShadowProtect4 for I-O DATA」の取り扱いを開始する。(2012/2/8)

アイ・オー、法人向け省電力NAS「LAN DISK Z」に2Tバイトモデルを追加
アイ・オー・データ機器は、2.5インチHDDを採用する省電力設計のNAS「LAN DISK Z」のラインアップに2Tバイトモデルを追加した。(2012/1/25)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第7回 テレビ・レコーダーで使うと“さらに”効果的──「450Mbps」の安定度を再確認
「最大450Mbps」対応ルータのメリットがより効果的に表れるシーン、それは「家庭用AV機器+ホームネットワーク」だ。AV機器のネットワーク連携機能で、最大450Mbpsの無線LANがどう有効かを検証する。(2011/12/7)

2ドライブ仕様で高速なRAID 0対応:
今買うなら“高速+多機能”でなきゃ──100Mバイト/秒の高速NAS「HDL2-Aシリーズ」検証
ちょっと高いが、どうせなら──。USB外付けHDDに対し、今、NASを購入するならどんな機能があれば幸せか。アイ・オー・データ機器の高性能NASシリーズ「HDL2-Aシリーズ」を検証する。(2011/10/26)

HDD障害のプロに聞く:
故障で“病院送り”になるRAID製品はどんなものが多い?
前回「夏場に起きやすいHDD障害」の傾向と対策について日本データテクノロジーに話を聞いたが、今回は具体的にどういった製品が持ち込まれているのかまで踏み込んでみた。(2011/8/19)

PC&iPhone/iPad/Androidで使える:
“自宅クラウド”を1万円台で実現っ──低価格NAS「LAN DISK HDL-CEシリーズ」の実力チェック
ノートPCやスマホはストレージ容量が乏しい、でもクラウドサービスは高額。それなら“自宅クラウドストレージ”を導入してみよう。リモートアクセスをサポートするNASの新モデル「HDL-CEシリーズ」の実力を検証する。(2011/8/18)

簡単リモートアクセス機能を搭載:
アイ・オー、スマートフォン対応NAS「HDL-CE」シリーズ
アイ・オー・データ機器より、スマートフォンで活用できる簡単リモートアクセス機能を備えたNASのエントリーモデルが登場。1Tバイトモデルで1万4600円から。(2011/8/3)

アイ・オー、RAID-6対応のベーシックNAS「HDL-XV」
アイ・オー・データ機器は、RAID-6に対応したビジネス向けNAS「HDL-XV」シリーズを発表した。(2011/3/28)

PCも地デジ化:
「GV-MVP/XSW」“2枚挿し”で4番組同時録画に挑戦してみた(後編)
アイ・オー・データ機器の「GV-MVP/XSW」2枚を使い、4番組の同時録画に挑戦した。後編では自動録画や編集、ネットワーク関連機能などをチェックしていく。(2011/2/15)

電子書籍「自炊」完全マニュアル:
動画と写真で確認する――裁断&スキャンのコツ(後処理編)
書籍を「裁断→スキャン」してデジタルデータ化する行為を、俗に「自炊」と呼ぶ。この自炊ノウハウや細かいTipsを紹介する短期連載。第4回となる今回は、ドキュメントスキャナで取り込んだ後、どういう処理をするべきなのか、どういう処理が必要なのかを、動画と写真を交えて説明する。(2010/6/29)

スカパー!HD録画対応:
アイ・オー、デジタル放送録画用HDD「RECBOX」発売
アイ・オー・データ機器は、「スカパー!HD録画」や「REGZAリンクダビング」に対応したデジタル放送録画用のネットワークストレージ“RECBOX”を6月中旬から順次発売する。(2010/6/2)

15倍“ダブル”AVC録画対応:
(その気になれば)“2週間8chまるごと”録画──アイ・オー、ハイエンド仕様のデジタルTVチューナー投入
アイ・オーが、AVC録画×ダブルチューナー仕様の自作PCユーザー向けTVチューナーカードを6月に発売する。複数枚差しで8チャンネル同時AVC録画に対応。今後、編集機能もソフトウェアアップデートで追加する。(2010/6/2)

アイ・オー、「LAN DISK XR」に初期2ドライブ構成の下位モデル
アイ・オー・データ機器は、RAID-5/6対応NAS「LAN DISK XR」の下位モデル「HDL-XR1.0/2D」を発表。初期搭載ドライブを2基とした低価格モデルだ。(2010/1/20)

アイ・オー、「LAN DISK Home」の“net.USB機能”を正規版にアップデートできるキャンペーン
アイ・オー・データ機器は、同社製NAS「LAN DISK Home」に付属する「net.USB機能」30日体験版を正規版へアップデートできるキャンペーンを開始する。(2009/12/24)

NetbookをフルHDで:
アイ・オー、フルHD出力対応のUSBドッキングステーションなど4製品
アイ・オー・データ機器は、DVI-Iポートと有線LAN、および4基のUSB 2.0ポートを搭載するUSBドッキングステーションを発表した。(2009/11/18)

価格比較:
BDレコーダー、今秋の傾向と選択(普及モデル編)
今回は、実売10万円以下で購入できるBlu-ray Discレコーダーにフォーカス。Wチューナー搭載の普及モデルにくわえ、シングルチューナー機やVHS一体型の価格をチェックしていこう。(2009/11/11)

HD録画機器も拡充:
スカパー!のハイビジョン放送、70チャンネルに拡大
昨年10月に15チャンネルでスタートした「スカパー!HD」は、10月1日より58チャンネル、2010年春には70チャンネル以上に拡大する。(2009/9/11)

アイ・オー、「LAN DISK Tera」など計15製品を値下げ
アイ・オー・データ機器は、ポータブルHDD/NASなど計15製品の価格改定を実施した。(2009/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。