ニュース
» 2021年01月13日 12時36分 公開

エプソンダイレクト、レガシーポートも標準装備したスリムデスクトップPC新モデル

エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したスリムデスクトップPC新モデル「Endeavor AT997」を発表した。

[ITmedia]

エプソンダイレクトは1月13日、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したスリムデスクトップPC新モデル「Endeavor AT997」を発表、本日受注を開始した。基本構成価格は7万2600円から。

photo Endeavor AT997

 オフィス用途から各種組み込み用途までの利用に対応したスタンダードPC。従来モデルの「Endeavor AT994E」から筐体デザインやPCIスロット/シリアルポートなどの仕様を維持しつつ、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応した。また拡張スロットは従来構成に加え、カスタマイズにより「PCI Express x1×1+同 x4×1」の構成も選択可能だ。

 CPUはCeleron G5900E〜Core i7-10700、メモリは4GB〜64GB、ストレージは500GB HDD〜1TB HDD/1TB SSD(最大2基)の装着に対応。シリアルポートは標準で1ポートを装備、オプション選択で拡張もできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう