未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2021年01月22日 16時30分 公開

千葉県教委と日本マイクロソフトが「連携協定」を締結 県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に注力

千葉県教育委員会と日本マイクロソフトが、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員を対象に「Microsoft Teams」を導入する他、主に教職員の仕事をICTで支援する環境の整備を進める。

[井上翔,ITmedia]

 千葉県教育委員会と日本マイクロソフトは1月22日、千葉県立学校におけるICT活用と教員の授業力向上に関する連携協定を締結した。取り組みの一環として、4月をめどに千葉県立学校の全ての生徒や教職員のコミュニケーションツールとして「Microsoft Teams」を導入する。

概要 千葉県教育委員会と日本マイクロソフトの連携協定の概要
調印 協定の調印に臨んだ日本マイクロソフトの佐藤亮太常務(左)と千葉県教育委員会の澤川和宏委員長(右)

取り組みの概要

 千葉県教育委員会は、2020年に策定した「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』プラン」に基づいて11の施策を推進している。

 今回の連携協定を通して、千葉県教育委員会は日本マイクロソフトのクラウドサービスや教育ソリューションを活用しながら、千葉県立学校(中学校、高等学校、特別支援学校)における「ICT利活用推進」「教員の授業力向上」「学びを止めない環境の構築」「教職員の働き方改革」に取り組む。

 具体的な取り組みは両者で協議しながら検討するが、以下のものが予定されている。

分散登校や短縮授業を見据えた取り組み

 新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、千葉県立学校において「分散登校」や「短縮授業」が行われる可能性がある。それを見据えて、先述の通り、4月をめどにTeamsを導入する。課題の配信や提出、チャットを使ったコミュニケーションを行うことを想定しているという。

ICT活用指導力向上のための教員コミュニティ育成

 Teams上に教科ごとの教員用チームを設け、投稿やチャット、ファイル共有を通して意見交換できる環境を整える。

指導案や教材を相互活用できる「共有ポータル」の構築

 教員が作成した指導案や教材を相互に活用できるようにするためのポータルサイトを構築する。サイトは「Microsoft SharePoint」と「Microsoft Power Platform」を使って構築するという。

アップロード 「共有ポータル」のデータアップロード画面(開発中のイメージ)
格納用リスト 資料の格納フォルダ(開発中のイメージ)

教員向け教育コンテンツの提供

 マイクロソフトの「Microsoft 365(Office 365)」で利用できる教育向けコンテンツや、STEM(科学/技術/工学/数学)教育向けコンテンツ「Hacking STEM」を、先述の共有ポータルに掲載する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう