ニュース
» 2021年02月03日 15時02分 公開

エレコム、軽いタッチで入力できる抗菌仕様キーボード

エレコムは、メンブレン方式を採用したスタンダードな抗菌仕様キーボードを発売する。

[ITmedia]

 エレコムは2月2日、スタンダードな抗菌仕様キーボードを発表、2月上旬に販売を開始する。

photo
photo TK-FCM107KBK(上)、TK-FDM110TKBK(下)

 メンブレン方式を採用した薄型デザインのキーボード。キー荷重を同社従来製品比で18%軽くした他、キーストロークを2.5mmとしたことで素早く軽快なタッチ感で利用できる。

 抗菌仕様となっているのも特徴で、財団法人日本規格協会(JSA)が定める抗菌性試験に準拠。細菌の増殖を抑制/阻害することでキーボードを清潔に保つことが可能だ。

 製品ラインアップは、有線/テンキーなしの「TK-FCM107KBK」、有線/テンキーありの「TK-FCM108KBK」、2.4GHz帯無線/テンキーなしの「TK-FDM109TKBK」、2.4GHz帯無線/テンキーありの「TK-FDM110TKBK」を取りそろえた。また無線モデルにはマウス付きのセットモデル(無線/テンキーなしの「TK-FDM109MKBK」、無線/テンキーありの「TK-FDM110MKBK」)も用意される。

 価格はキーボード単体のTK-FCM107KBKが1480円、TK-FCM108KBKが1680円、TK-FDM109TKBKが2480円、TK-FDM110TKBKが2680円。セットモデルのTK-FDM109MKBKが2480円、TK-FDM110MKBKが3380円だ(いずれも税別)。

関連キーワード

キーボード | 抗菌 | 2.4GHz帯 | エレコム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう