ニュース
» 2020年12月17日 15時40分 公開

エレコム、ロングバッテリー設計を実現したワイヤレスマウス 抗菌筐体を採用

エレコムは、抗菌性を備えた筐体を採用するワイヤレスマウス計2シリーズを発売する。

[ITmedia]

エレコムはこのほど、抗菌設計筐体を採用したワイヤレスマウスを発表、12月中旬に発売する。スタンダードタイプの「M-IR07DRK」シリーズと静音スイッチ採用タイプの「M-IR07DRSK」シリーズの2モデルを用意(カラーバリエーションは各3色)。予想実売価格はM-IR07DRKが1580円、M-IR07DRSKが1780円だ(ともに税別)。

photophoto M-IR07DRKシリーズ/M-IR07DRSKシリーズ

 ともに2.4GHz帯接続に対応する3ボタン搭載のベーシックなワイヤレスマウスで、財団法人日本規格協会(JSA)が定める抗菌性試験に準拠しており、表面の細菌の増殖を抑える抗菌仕様を実現している。

 センサー解像度は1200カウント。バッテリーは単三形乾電池1本を仕様、想定電池寿命は約2.5年だ。

関連キーワード

抗菌 | ワイヤレスマウス | 電池 | 細菌 | 長寿命 | 静音


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう