ニュース
» 2021年03月31日 17時00分 公開

マウスコンピューターからJeSU公認PCが登場! 最新の第11世代Coreプロセッサを搭載

マウスコンピューターから、日本eスポーツ連合(JeSU)公認のゲーミングPCが発売される。JeSU主催のゲーム大会でも利用される他、地方のゲーム大会への貸し出しも検討するという。購入時は、最長5年の延長保証に加入できる。

[作倉瑞歩,ITmedia]

 マウスコンピューターは3月31日、日本eスポーツ連合(JeSU)公認のデスクトップPC2機種を発表した。今回発表されたのは、標準モデルとなる「G-Tune EN-ZJ」と、ハイスペックモデルとなる「G-Tune HN-ZJ」の2機種。いずれもマウスコンピューターの特設サイトから購入できる。BTOにも対応しており、メモリやSSDのアップグレードが可能だ。

G-Tune EN-Zの主な仕様 G-Tune EN-ZJの主な仕様
G-Tune HN-Zの主な仕様 G-Tune HN-ZJの主な仕様

 これら2モデルは、ゲームプレーヤーと運営サイドの両方からの意見を集約して作ったという。

 プロゲーマーからヒアリングしたところ、FPSなどのフレームレートを重視するゲームでは、意図的に画質設定を落とすこともあるという声があった。そこで、最低設定の画質における「最低」「平均」「最高」のフレームレートを計測し、平均で120fps以上となることをJeSU公認スペックの要件とした。

 また、大会を運営する法人などからは、配信を考慮するとゲーム画面の最大フレームレートは固定されていることが望ましいという意見が出た。そこで、最大60fps以上となることをJeSU公認スペックの要件とした。

 これらの要件を満たしたPCが「JeSU公認PC」であり、今回の発表に至ったわけである。

プレーヤーからの視点 プレーヤーからの視点
運営サイドの視点 運営サイドの視点

 3月31日現在、JeSUのプロライセンス認定タイトルのうち、「eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE」(コナミデジタルエンタテインメント、※)、「グランブルーファンタジー ヴァーサス」(Cygames)、「ストリートファイターV チャンピオンエディション」(カプコン)と「DEAD OR ALIVE 6」(コーエーテクモゲームス)の4つが検証済み(対応)とされている。今後も、JeSUやタイトルの権利者との交渉をしつつ、検証済みタイトルは増やしていくとのことだ。

(※)海外版(eFootball PES 2021 SEASON UPDATE)で検証

マウスコンピューター 現在の検証済みタイトル

 今回発表されたJeSU公認PCは、今後JeSUが主催する大会でも利用される。地方のゲーム大会への貸し出しなどを検討しているという。

 公認PCでは、最大5年間の延長保証にも加入できる。長期間に渡り利用する際にも安心だ。

「ストV」のエキシビジョンマッチも

 両製品のオンライン発表会では、プロゲーマーの板橋ザンギエフ選手とナウマン選手によるストリートファイターV チャンピオンエディションのエキジビションマッチも行われた。

 結果は、2マッチ共に板橋ザンギエフ選手の勝利となった。

マウスコンピューター 板橋ザンギエフ選手
マウスコンピューター ナウマン選手
マウスコンピューター プレイ画面
マウスコンピューター 試合は2マッチ共に板橋ザンギエフ選手のスクリューパイルドライバーが決まって勝利となった

ストリートファイターV チャンピオンエディション:©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2020 ALL RIGHTS RESERVED.

新生活応援セールも開催中(4月14日11時まで)

 マウスコンピューターは4月14日11時まで、「mouse」「G-Tune」「DAIV」の各ブランドのPCを最大で税別3万円(税込み3万3000円)引きで販売する「新生活応援セール」を開催している。

 対象製品は特設サイトから確認できる。

DAIV 新生活応援セール対象製品の1つ「DAIV Z7-QR4」。税別3万円引きで購入できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう