ニュース
» 2021年04月03日 06時00分 公開

「2月に比べれば回復傾向」――電気街のグラフィックスカード事情古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

グラフィックスカード売り場に大きな隙間が空いているのは、もはや日常の光景となりつつある。苦しい状況は相変わらずだが、少しずつ回復の兆しも見えてきた。

[古田雄介,ITmedia]

 4月の新年度を迎えても、グラフィックスカード売り場に変化は訪れていないように見えた。どこのショップでも3万円台〜8万円台のモデルがほとんど在庫されず、ウルトラハイエンドのGeForce RTX 3090カードの下がGTX 1660 SUPERやGTX 1650という極端なラインアップも珍しくない。その隙間に、RTX 2080やRTX 2060、あるいはRTX 3060カードが残っていたら運がいいという具合だ。

ドスパラ秋葉原本店 ドスパラ秋葉原本店のグラフィックスカード価格表。4月2日の夕方に撮影
パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのグラフィックスカード売り場
TSUKUMO eX. GeForce GTX 1660 SUPERまで在庫を切らしていたTSUKUMO eX.の棚
GeForce RTX 2060や3060搭載カードのみ若干残っていた

「RTX 3090のすぐ下はRTX 2060」という状態が継続するも……

 ただし、入荷状況は回復傾向にあるとの話を方々で耳にした。パソコンSHOPアークは「RTX 3080/3070/3060はごく少数ながらわりと頻繁に入荷するようになっています」という。TSUKUMO eX.も「RTX 2080や2060など、つなぎの旧世代もわりと入荷するようになりましたね。2月頃と比べると、割とコンスタントに入荷するようになってきたなと感じています」と話していた。

 一方で需要はまだ落ち着いておらず、「『お小遣い稼ぎに自作PCがいいと聞いて』と来店される方もいますし、マイニング需要はまだまだ元気だと感じます」(某ショップ)という。また、開店時に“いつもの顔ぶれ”がグラフィックスカードを求めて行列を作る光景は相変わらず続いているという。

 それでも「需給全体で見ると、厳しさのピークは越えた感があります」という声は今週になってよく聞くようになったのは確かだ。今後の動向を注視したい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう