プロナビ
ニュース
» 2021年04月30日 12時00分 公開

4K画質で180度の画角をカバーするWeb会議用カメラ「Jabra PanaCast 50」は何が賢い?会議室に死角なし(1/3 ページ)

GNオーディオジャパンが手掛けるJabraブランドは、テレワークやビデオ会議での困りごとを解決してくれるデバイスを数多く用意している。新たに加わった「Jabra PanaCast 50」は、4K画質で180度の画角をカバーすることで、遠隔地との会議をスムーズにこなすことができるという。

[渡辺まりか,ITmedia]

 2020年に始まったコロナ禍により、場所にとらわれない働き方――テレワークが促進された。参加者が同じ場所に集まらないため、コミュニケーションはビデオ会議で図ることが多くなる。

 とはいえ、ビデオ会議中に、相手の声が聞こえづらい、ハウリングする、顔が鮮明に見えないといった課題を抱えがちだ。Webカメラやマイク、スピーカーといった機材がいかに重要かを改めて認識させられる。

 そのような中で、医療、エンタープライズ、コンシューマー分野のサウンド関連機器を手掛けるJabraから、会議用ソリューション「Jabra PanaCast」シリーズの新製品「Jabra PanaCast 50」(以下、PanaCast 50)と「Jabra PanaCast 20」(以下 PanaCast 20)が発表された。

 それぞれの発売予定日は6月15日と8月1日で、販売価格は15万9500円と3万8500円(いずれも税込み)だ。

Jabra PanaCast 50 高画質で大人数の会議にも対応可能な「Jabra PanaCast 50」

発言者を自動でフォーカスする“賢い”Web会議向けカメラ

 4月27日にJabraシリーズを展開するGN オーディオジャパンがメディア向けに行った発表会では、PanaCast 50を中心に説明が行われた。

 PanaCast 50の別名は「ザ・ビデオバー」だ。その名の通り、サウンドバーとカメラを一体化させたような形状をしている。

Jabra PanaCast 50 TVと一緒に使うようなサウンドバーと、カメラを合体させた形状のPanaCast 50。Jabraにいるオーディオチームと、ビデオチームのコラボによる製品だ。ボディーカラーは、会議室の雰囲気に合わせブラックとグレーが用意される

 PanaCast 50の中央付近に内蔵されているレンズは3つある。それぞれが1300万画素のカメラを備えており、これにより180度のパノラマ4K映像を送信できる。会議室内にいる、全ての参加者の表情を鮮明に映し出せるというわけだ。

Jabra PanaCast 50 それぞれが1300万画素のレンズを3つ搭載している

 もっとも、「今回の会議には1人しか参加していない」「今は2人だけど、後で2人がジョインする」という場合もあるだろう。1人しかいないのに、会議室全体を映し出していては、表情が分かりにくいし見る人に一抹の寂しさを与えてしまう。

 しかし、PanaCast 50は単なるパノラマ4K Webカメラではない。AI機能を搭載しており、「賢い」インテリジェントカメラに仕上がっている。そのため、誰かがカメラの前に座ると、その人へとカメラがズームしてフォーカスするが、参加者が増えるとそれに応じて水平方向の画角を90度から120度、140度、180度へと変化するインテリジェントズーム機能を持つ。

 複数人が参加しているオフライン会議では、発言者に注目するのが一般的だ。同様に、PanaCast 50は、Virtual Director機能により、会議の状況に応じてフレームを参加者全体から発言者へ、また発言者から発言者へと切り替える。

 GN オーディオジャパン ビジネスデベロップメント Managerの加藤昭彦氏は、「簡単に言えば『話者追従』機能だ。PanaCast 50が内蔵する8つのマイクを通じて誰が話しているかをAIが判断し、映像も音声も話者にフォーカス/ズームする。水平方向に180度、垂直方向に約76度(発売までに調整の可能性あり)と画角が広いため、確実に話者を追いかけられるという点が、他社の製品と異なる」と解説した。

Jabra PanaCast 50 GN オーディオジャパン ビジネスデベロップメント Manager 加藤昭彦氏

 最近では、複数人で集まる場合、マスクを装着する必要があるが、そうなると人としては認識しづらくなる。加藤氏は「顔認識で重要なパーツである目と鼻のうち、鼻が隠れてしまっているからだ」と述べつつ、「アゴの下、つまり首の部分まで認識範囲を広げることにより、マスク装着者であっても、カメラが“人”として識別できるように調節した」とポイントを説明した。

 また、会議の要でもあるホワイトボードについては、専用アプリケーションの「Jabra Vision」を利用して、会議室内のホワイトボードの領域を設定しておけば、簡単な操作で歪み補正の効いたホワイトボードの画面と発言者を画面に表示することができる。また、「会議終了後はホワイトボードに書かれたものをPanaCast 50がJPEGとして保存する」(加藤氏)ため、打ち合わせ後に見返すのにも便利だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう