ニュース
» 2021年05月31日 12時16分 公開

Maxtang、サイネージ用途などに向くCeleron搭載のミニデスクトップ 3画面出力対応

リンクスインターナショナルは、中国Maxtang製となるファンレス動作対応のミニデスクトップPC「VAPL-30」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 リンクスインターナショナルはこのほど、中国Maxtang製となるファンレス動作対応のミニデスクトップPC「VAPL-30」の取り扱いを発表、6月5日に販売を開始する。予想実売価格は3万9980円(税込み)。

photo VAPL-30

 本体サイズ190(幅)×150(奥行き)×29(高さ)mmの小型筐体を採用したミニデスクトップPCで、CPUとしてCeleron J3455を採用。完全ファンレス動作を実現したモデルで、−20度〜60度までの動作環境に対応しているのも特徴だ。

 メモリは4GB、ストレージは128GB mSATA SSDを内蔵(OSは非搭載)。映像出力としてHDMI×2、DisplayPort×1を備えており、3画面同時出力も利用できる。この他インタフェースとしてギガビット有線LAN×3、USB 3.0×2/同 2.0×2、COMポート×2なども備えた。

photo

 またカスタマイズなどによりメモリ/SSDの増設、無線LANまたは4G/LTEモジュールなどの増設にも個別で対応するとしている(カスタマイズのロットや見積もりなどは要問合せ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう