ニュース
» 2021年06月07日 15時22分 公開

国内クライアント仮想化関連市場の予測をIDCが発表 

IDC Japanは、2021年〜2025年の国内クライアント仮想化関連市場規模についての予測結果を公開した。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月7日、2021年〜2025年の国内クライアント仮想化関連市場規模についての予測結果を公開した。

 今回の予測では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響を考慮し、Baseline(基本シナリオ)、Optimistic(楽観シナリオ)、Pessimistic(悲観シナリオ)の3つの予測を作成した。

photo 国内クライアント仮想化ソリューション市場 COVID-19 シナリオ(Baseline/Optimistic/Pessimistic)別売上額予測/前年比成長率、2020年〜2025年

 基本シナリオの予測で推移した場合、2021年度は4.9%のプラス成長となる見込み。2019年の水準に回復するのは、国内経済/ICT市場の回復よりも半年から1年早い2022年以降ではないかとしている。

 楽観シナリオが実現した場合には、2021年に8.1%の成長となり、同年中に2019年の水準まで戻る見込み。逆に悲観シナリオの場合にはマイナス成長となり、プラス成長に転じるのは2024年以降となるのではないかと予測している。

 また同報告では今後の見通しとして、新型コロナウイルスの収束後にリモートワークのメリットが認知され在宅勤務が増加することで、クライアント仮想化の需要が高まるのではないかとの見解も述べられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう