プロナビ
ニュース
» 2021年07月20日 10時01分 公開

NEC、顔認証でのWindowsログオン認証を実現する「NeoFace Monitor クラウド版」を提供開始

NECは、顔認証を用いたセキュリティ機能を提供するクラウドサービス「NeoFace Monitor クラウド版」を発表した。

[ITmedia]

 NECは7月20日、顔認証を用いたセキュリティ機能を提供するクラウドサービス「NeoFace Monitor クラウド版」を発表、本日から販売を開始する(有償版は8月下旬提供開始の予定)。価格は10名12カ月利用権が3万6000円(税別)で、1カ月無料のトライアルも提供される。

photo システムの利用イメージ

 同社製の顔認証AIエンジン「NeoFace」を用いたセキュリティサービス。提供中のパッケージ版「NeoFace Monitor」と異なり顔情報などの統合管理をクラウド上で行うため、専用サーバの購入および構築/メンテナンス作業が不要となっているのが特徴だ。

 ログオン認証はWindowsのローカルアカウントおよびドメインアカウントに対応(AzureADアカウントは未対応)、一定間隔でユーザー認識を行える常時認証機能も備えた。また他クラウドサービス(Google Workspace、cybozu.com、Microsoft 365)へのシングルサインオン機能も利用できる(SAML規格に準拠した他サービスとの連携対応も予定)。

photo 利用者情報の管理画面。管理者はクラウド上の「管理ポータル画面」で情報の確認、設定変更などが行える

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう