ニュース
» 2021年08月28日 12時12分 公開

「Windows 11」の動作要件がアップデート 「PC 正常性チェック」も再登場第7世代Coreの一部も対応に

米Microsoftは8月27日(現地時間)、この秋にリリース予定の新OS「Windows 11」について要件を見直し、公開を停止していた「PC 正常性チェック」アプリの再公開を開始した。

[ITmedia]

 8月27日(現地時間)、米Microsoftが次期OSのWindows 11について要件の緩和を発表し、同時に6月に公開したものの一時的に見合わせていた「PC 正常性チェック」アプリを再公開した。

Windows 11 PC正常性チェック 再び公開された「PC 正常性チェック」アプリ。従来「PCの正常性の概要」であったが、「PC 正常性を一目で確認」に変更されている

再アップデートとなった「PC 正常性チェック」

 PC 正常性チェックアプリは、自分のPCでWindows 11の動作可否を判定できるものだ。これまでは結果の表示が分かりづらく、正確さに欠けるなどと指摘されていたが、新バージョンでは各パーツごとに要件をクリアしているのかが示されるようになり、Windows 11ページへのリンクが張られている。

Windows 11 PC正常性チェック PC 正常性チェックで「今すぐチェック」をクリックすると瞬時に結果が表示される
Windows 11 PC正常性チェック 「すべての結果を表示」ボタンを押すと、各項目ごとに説明が表示されるようになり、より内容を把握しやすくなった
Windows 11 PC正常性チェック 「デバイスの仕様」を押すとWebブラウザでWindows 11のページが表示され、結果が表示される

第7世代Coreプロセッサの一部も対応に

 新たに公開された対応するプロセッサリストでは、IntelのCore X/Xeon Wシリーズや第7世代(開発コード名:Kaby Lake)のCore i7-7820HQ(同CPUを搭載した一部のSurface Studio 2を含む)が新たに追加された。これまでは第8世代のCoreプロセッサ以降のサポートとなっていたが、テストの結果一部のモデルを追加したとしている。

 Microsoftによれば、さまざまなフィードバックを受けて再検討したが、AMDのZenアーキテクチャを備えた第1世代Ryzenプロセッサなどは一部を除いてサポートリストに追加しないことになったという。

 更新されたプロセッサの一覧は下記の通りだ。

 直近では、Windows Insider PreviewからWindows 11のISOファイルがダウンロード可能になっており、より手軽にWindows 11を体験できるようになっているが、最低要件を満たしていないPCではクラッシュの確率が大幅に増加すると同社ではクギを刺している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.