ニュース
» 2021年09月03日 14時45分 公開

Windows 11 Insider Previewのアップデートで一部に不具合 タスクバーが「無応答」に(解決策あり)

Windows Insider Previewの最新ビルドにおいて、一部環境でタスクバーやエクスプローラーが応答しなくなる不具合が発生している。不具合が発生した場合は、特定のレジストリフォルダを削除して再起動することで解消可能だ。

[井上翔,ITmedia]

 Microsoftは9月2日(米国太平洋夏時間)、新OS「Windows 11」の先行テストプログラム「Windows 11 Insider Program」の最新アップデートにおいて、タスクバーやデスクトップ(Explorer.exe)が応答しない不具合が生じる場合があることを発表した。この不具合が発生した場合は、レジストリの一部を削除することで解消する。

Windows 11 Windows 11 Insider Previewのデスクトップ

不具合は「全チャネル」で発生する可能性

 この不具合は、9月2日(米国太平洋夏時間)からBeta(β)チャネルおよびRelease Previewチャネルで配信が始まった「ビルド22000.176」と、Devチャネルで配信が始まった「ビルド22449」で発生する可能性がある。

 ビルド22000.176は製品版のプレビューという位置付けで、10月2日にリリースされる予定の製品版に実装される機能を一通り試せるようになっている。

ビルド ビルド22000.176は製品版のリリースプレビューという位置付けで、Insider Previewのβチャネルに加えてRelease Previewチャネルでも配信されている

不具合が発生した場合の対処法

 この不具合が発生する環境では、当該ビルドへの更新プログラムを適用すると、ログイン直後からタスクバーやデスクトップ(Explorer.exe)が応答しなくなる。更新プログラムのロールバック(適用キャンセル)をするユーザーが多かったことから、Microsoftは既に問題を把握しているという。

 不具合が発生してしまった場合は、ログインしてから以下の手順を踏むことで正常に動くようになる。

注意!

 この解決方法では、Windowsの設定を保存する「レジストリファイル」を編集します。余計な部分の設定を変えないように気を付けてください。


  1. キーボードのCtrl+Alt+Deleteキーを押す
  2. 出てきた画面で「タスク マネージャー」をクリックする
  3. 「詳細」ボタンをクリックする(簡易表示の場合)
  4. 「ファイル」をクリックする
  5. 「新しいタスクの実行」をクリックする
  6. テキストボックスに「cmd」と入力して「OK」をクリックする
  7. コマンドプロンプトが表示されたら「reg delete HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\IrisService /f && shutdown -r -t 0」と入力してEnterキーを押す(コピーアンドペースト可)
  8. 再起動したら再度ログインする

 コマンドプロンプトが苦手(不安)な人は、5番目の手順まで進んだら以下の手順を試してみてほしい。

  1. 「このタスクに管理者特権を付与して作成します。」にチェックを入れる
  2. テキストボックスに「regedit」と入力して「OK」をクリックする
  3. 「HKEY_CURRENT_USER」フォルダを展開する
  4. 「Software」フォルダをクリックして展開する
  5. 「Microsoft」フォルダをクリックして展開する
  6. 「Windows」フォルダをクリックして展開する
  7. 「CurrentVersion」フォルダをクリックして展開する
  8. 「IrisService」フォルダを右クリックする
  9. 「削除」を選択する
  10. 削除に関するダイアログボックスが出たら「はい」をクリックする
  11. ウィンドウを閉じる
  12. PCを再起動して再度ログインする
レジストリ 不具合が発生した場合、レジストリの「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\IrisService」フォルダを削除して再起動すると解消する。なお、再起動するとこのフォルダは再度生成されるが、特に問題はない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.