ニュース
» 2021年09月23日 02時30分 公開

厚さ約19mmで液晶ディスプレイを手前に引けばタブレットの2in1 PC「Surface Laptop Studio」が登場

MicrosoftがSurfaceシリーズの発表会を開き、2in1 PCの新機軸として「Surface Laptop Studio」が登場した。「史上最もパワフルなSurface」と銘打たれているのが特徴だ。

[ITmedia]

 Microsoftは9月22日(米国東部夏時間、日本時間9月23日)にSurfaceシリーズの発表会を開き、フラッグシップモデルとなる新型2in1 PC「Surface Laptop Studio」を発表した。米国では予約が始まっており、発売はWindows 11と同じ10月5日、価格は1599.99ドル〜となっている。日本での発売は2022年前半の予定だ。

Surface Laptop Studio 新機構を採用した「Surface Laptop Studio」。カラーはプラチナのみだ

シームレスに変形する「Dynamic Woven Hinge」を採用

 史上最もパワフルなSurfaceと銘打たれたSurface Laptop Studioは、「Dynamic Woven Hinge」の採用により、シームレスにスタジオ(タブレット)モードに切り替えたり、キーボードを隠すステージモードに切り替えられたりする2in1 PCだ。

 同社では開発者はクリエイター、デザイナー、ゲーマーにとって理想的なモデルで、デスクトップPCのパワーとノートPCの携帯性を兼ね備えたモデルとしてアピールする。

Surface Laptop Studio 「Dynamic Woven Hinge」の採用によりシームレスに切り替わる
Surface Laptop Studio 通常のクラムシェルタイプのノートPCとして使う「ラップトップモード」。キーボードバックライトを備える
Surface Laptop Studio 液晶ディスプレイを手前に倒すとゲームや動画鑑賞に適した「ステージモード。Xbox ワイヤレスコントローラーにも対応する
Surface Laptop Studio 液晶ディスプレイを180度近くまで開くとタブレットとしても使える「スタジオモード」。別売のSurface Slim Pen 2に対応する
Surface Laptop Studio ステージモードを背面から見たところ

アスペクト比3:2で最大120Hz対応の液晶ディスプレイ

 液晶ディスプレイは最大120Hz表示と10点のマルチタッチ操作に対応した14.4型(2400×1600ピクセル、201ppi)で、アスペクト比は3:2だ。

 CPUは第11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tiger Lake H35)で、4コア8スレッドのCore i7-11370H(3.3GHz〜4.8GHz)、4コア8スレッドのCore i5-11300H(3.1GHz〜4.4GHz)から選べる。

 GPUはCorfe i7モデルがGeForce RTX 3050 Ti(グラフィックスメモリは4GB)、Core i5モデルはCPU内蔵のIntel Iris Xe Graphicsとなる。

Surface Laptop Studio 14.4型でタッチ操作に対応した液晶ディスプレイを搭載する。Dolby Visionもサポートする
Surface Laptop Studio Core i7モデルはNVIDIAのGeForce RTX 3050 Ti Laptop GPUを内蔵する
Surface Laptop Studio 触覚信号にも対応したSurface Slim Pen 2は本体底面に収納され、充電も自動的に行われる。従来のSurface Dialもサポートする

 インタフェースは左側面に2基のThunderbolt 4/USB4.0端子を備え、3.5mmのヘッドフォン端子やSurface Connectも用意する。4基のスピーカーを内蔵し、Dolby Atomosもサポートする。

 メモリは16GB/32GBのLPDDR4X、ストレージはリムーバブルタイプのSSD(256GB/512GB/1TB/2TB)となっており、Wi-Fi 6の無線LAN機能とBluetooth 5.1を備える。バッテリー駆動時間はCore i7モデルで最長約18時間、Core i5モデルで最長19時間だ。

Surface Laptop Studio 左側面に2基のThunderbolt 4/USB4端子を用意する
Surface Laptop Studio TPM 2.0チップを本体に装備し、1080P対応のWindows Hello対応カメラを内蔵する

 ボディーサイズは約323.28(幅)×228.32(奥行き)×18.94(厚さ)mm、重量はCore i7モデルが約1.82kg、Core i5モデルが約1.743kgとなっている。付属するACアダプターはCore i7モデルが95W、Core i5モデルが60Wだ。

 OSはWindows 11 Homeで、価格はCore i5モデル(メモリ16GB、256GB SSD)が1599ドル〜、Core i7モデル(メモリ16GB、512GB SSD)だと2099.99ドル〜となっている。

 なお、法人向けモデルのOSはWindows 11 Pro/Windows 10 Proで、Core i7モデルのGPUはNVIDIA RTX A2000(グラフィックスメモリは4GB)も用意される。

Surface Laptop Studio 米国でのモデル構成
Surface Laptop Studio Surface Laptop Studioをアピールするパノス・パネイ氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.