プロナビ
ニュース
» 2021年10月04日 13時04分 公開

キヤノンMJ、各種紙帳簿のデータ化に対応したAI OCR採用のBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」

キヤノンマーケティングジャパンは、クラウド型AI OCRソリューションを活用したBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンは10月4日、クラウド型AI OCRソリューションを活用したBPOサービス「AI OCR×データ入力サービス」を発表、11月1日から提供を開始する。価格は“スモールプラン”選択時で月額基本料3万円/初期費用5万円、データ入力料金が200円/枚(価格はいずれも税別)。この他、任意の帳簿や個別要件にも対応可能な「スタンダードプラン」「カスタムプラン」なども用意している。

photo サービスのイメージ図

 キヤノンITソリューションズが開発したクラウド型AI OCRソリューション「CaptureBrain」を活用したBPOサービスで、請求書や納品書などの紙帳票をスキャンしたPDF(またはスマートフォンなどで撮影したイメージデータ)をクラウド上にアップすることで、翌日にはテキストデータ(Excel形式/CSV形式)など編集可能な電子データで受け取ることが可能となる。

 電子化はAI OCRを用いたデータ作成後に同社のオペレーターによる確認作業が行われるため、短時間で高品質なデータの提供が行えるのが特徴だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.