プロナビ
ニュース
» 2020年10月20日 10時35分 公開

キヤノンMJ、クラウド型OCRサービス「CaptureBrain」新バージョンを発表

キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズは、クラウド型OCRサービス「CaptureBrain」の最新版を発表した。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズは10月20日、同社提供のクラウド型OCRサービス「CaptureBrain」の最新版「CaptureBrain Ver.2.0」を発表、10月下旬から提供を開始する。初期契約費用は20万円、月額利用料は「Small プラン」が3万円/月から、「Medium プラン」が10万円/月から、「Enterprise プラン」が15万円/月からとなっている(税別)。

photo

 今回のバージョンではマルチエンジンを搭載しOCRの読み取り精度を高めているのが特徴で、Cogent Labsの手書き文字認識AIエンジン「Tegaki」の導入に加え、"数字などの項目特化型”“活字”“チェックボックス”などの認識に向く複数のエンジンを備えた。OCR用のユーザー辞書機能を搭載したことで、OCR結果の自動補正処理も強化されている。

 また今回のバージョンでは、顧客の案件に合わせて組み込むSIコア版に加えて、より手軽に導入が可能なSaaS版の提供が行われるのも特徴だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう