未来を創る「子どもとプログラミング教育」
ニュース
» 2021年10月19日 14時25分 公開

エイサー、Celeronを採用した15.6型Chromebook

日本エイサーは、15.6型液晶ディスプレイを搭載したベーシック設計のChromebook「Acer Chromebook 315」シリーズ3製品を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは10月19日、15.6型液晶ディスプレイを搭載したベーシック設計のChromebook「Acer Chromebook 315」シリーズを発表、10月21日から個人向け/法人向けとして順次販売を開始する。

 プロセッサとしてCeleron N4020(2コア、1.1GHz/最大2.8GHz)を採用した15.6型Chromebook。製品ラインアップとして、WXGA(1366×768ピクセル表示)液晶/日本語キーボード搭載の「CB315-3H-A14N2」、フルHD液晶/日本語キーボード搭載の「CB315-3H-AF14N」、フルHD液晶/英語キーボード搭載の「CB315-3H-AF14N/E」(法人向けのみ)の3モデルを用意している。

photo
photo Acer Chromebook 315シリーズ

 いずれもメモリは4GB、ストレージはeMMC 32GBを内蔵した。IEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 5.1、USB 3.2 Type-Cポートなども装備、テンキー付きのフルキーボードを備えている。

 予想実売価格はCB315-3H-A14N2が4万2000円前後、CB315-3H-AF14Nが4万5000円前後だ(ともに税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.