ニュース
» 2021年10月26日 23時00分 公開

「Adobe Creative Cloud」が2022年版に AIを使った機能強化をさらに推進

Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2022年版にバージョンアップした。有効な契約を持っているユーザーは無償でアップデートできる。

[井上翔,ITmedia]

 Adobeは10月26日(日本時間)、有料サブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」を2022年版にアップデートした。有効なサブスクリプション契約をしているユーザーは、無償でアプリを最新版にバージョンアップできる。

 この記事では、Adobe CCを構成する主要なアプリのアップデート内容を紹介する。

Photoshop

 画像編集ツール「Photoshop」のデスクトップ版(Windows/macOS)では、主に以下の機能追加・改善が行われる。

  • ニューラルフィルター(AIを活用したフィルター)の機能強化
    • 新しいフィルターの追加(風景ミキサー、カラーの適用、色調和)
    • 既存フィルターの精度向上(深度ぼかしフィルターなど)
    • フィルターに対するフィードバックツールの搭載
  • オブジェクト選択ツールの機能強化
    • 「ホバー選択」の実装(マウスカーソルを乗せるだけでオブジェクトを検出する)
    • レイヤー内の全オブジェクトマスクをワンクリックで作成可能に
  • Illustratorとの連携強化
    • 一部のベクターシェイプを編集可能な状態でペースト可能に
  • カラーマネジメント機能とHDR(ハイダイナミックレンジ)対応の強化
  • 「書き出し形式」をWindowsやIntel Macで利用可能に

 iPad版では、以下の機能追加/改善が行われる。

  • 「Adobe Camera Raw」のサポート
    • Camera Rawで扱える全てのRAWファイルに対応
  • 「スマートオブジェクト」の実装
  • 「覆い焼き」「焼き込み」ツールの追加
Photoshopの概要 Photoshopのアップデート概要
Illustrator Illustratorで作成したベクターシェイプを編集可能な状態でペーストできる
ホバーツール ホバー選択を使うと、マウスオーバーでオブジェクトを自動選択してくれるようになる(既存の選択ツールも使える)

Lightroom/Lightroom Classic

 クラウドベースの写真編集ツール「Lightroom」では、主に以下の機能追加/改善が行われる。「★」印の付いているものは、デスクトップ向けの「Lightroom Classic」にも適用される。

  • 選択ツールの一新★
    • 選択ツールは「マスク」ボタン配下に統合して配置
    • 複数マスクを組み合わせた範囲選択の実現
    • 「被写体を選択」と「空を選択」の追加(※1)
  • 「推奨プリセット」の実装
  • 「プレミアムプリセットパック」の追加★
  • 「切り抜きオーバーレイ」に対応(Windows/macOS版のみ)
    • 写真の切り抜きをさまざまな構図で可能に
  • 「コミュニティリミックス」の実装(Windows/macOS版のみ)
    • 他者の写真編集のアプローチを学べる
    • 他者がアップロードした写真の編集に参加可能

(※1)スマートフォン(iPhone/Android)では一部機種のみ対応

Lightroomの概要 Lightroom/Lightroom Classicのアップデート概要
マスク 選択ツールはマスクボタンの配下に統合された

Illustrator

 ベクターグラフィックツール「Illustrator」のデスクトップ版では、主に以下の機能追加/改善が行われる。

  • 3Dエフェクトの強化
  • 「Adobe Substance」にある素材を利用可能に
  • 「見つける」パネルの追加
    • 製品サポートや学習リソースにアクセス可能
  • フォントの自動アクティベーションに対応

 iPad版では、主に以下の機能追加/改善が行われる。

  • 「ベクター化」の実装(βとして)
  • リピートのブレンドの追加
  • 「定規」と「ガイド」のサポート
Illustratorの概要 Illustratorのアップデート概要
3Dオブジェクト デスクトップ版では、3Dオブジェクトの作成能力を強化した
iPad版 iPad版では「画像トレース」を機能強化した「ベクター化」をβ実装した

 その他、ドローイング/ペイントアプリ「Fresco」、プロやハイアマチュアをターゲットとする動画編集ツール「Premiere Pro」やクラウドベースの動画編集ツール「Premiere Rush」などでも機能追加が行われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.