ニュース
» 2021年11月04日 12時11分 公開

SteelSeries、光学式ボタンスイッチを採用したゲーミングマウス「Prime Mini」など3製品を国内投入

スティールシリーズジャパンは、低遅延を実現する光学式ボタンスイッチを採用したゲーミングマウス「Prime」シリーズ計3製品の国内販売を発表した。

[ITmedia]

 スティールシリーズジャパンは11月4日、低遅延を実現する光学式ボタンスイッチを採用したゲーミングマウス「Prime」シリーズ計3製品の国内販売を発表した。ラインアップは小型軽量筐体を採用した「Prime Mini」「Prime Mini Wireless」と、最上位センサーを採用したハイエンドモデル「Prime+」を用意、11月12日から順次販売を開始する(Prime Miniのみ2022年1月以降の予定)。予想実売価格はPrime Miniが8220円、Prime Mini Wirelessが1万5920円、Prime+が1万420円だ(いずれも税込み)。

photo
photo
photo Prime Mini(上)、Prime Mini Wireless(中)、Prime+(右下)

 3製品はいずれも最大解像度1万8000DPIの光学式センサーを採用した5ボタン搭載ゲーミングマウスで、上位モデルのPrime+はリフトオフディスタンス計測用センサーやOLEDディスプレイを搭載しているのが特徴だ。

 またボタンスイッチには光学センサーと磁気機構を組み合わせた「Prestige OM」スイッチを採用し、低遅延と高耐久性を実現している。

 Prime Mini/Prime+はUSB有線接続、Prime Mini Wirelessは2.4GHz帯ワイヤレス接続に対応。Prime Mini Wirelessは充電式バッテリーを内蔵、バッテリー駆動時間は100時間となっている。

関連キーワード

ゲーミングマウス | マウス | 2.4GHz帯 | 解像度 | USB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.