プロナビ
ニュース
» 2021年11月05日 16時30分 公開

イケアのオフィスに見るニューノーマル時代における新ワークスペースのあり方(2/3 ページ)

[今藤弘一,ITmedia]

目的別に分けられているオフィスにリニューアル

 ではイケア・ジャパンのオフィスに話を戻そう。上述したような取り組みを進める一方で、同社のオフィスはどのように変わったのだろうか。

 今回のリニューアルにあたり、社内でも同様のアンケートを行ったところ、やはり従業員同士のコミュニケーションを図り、円滑に行えるようにしたいという要望が多かったという。それを受け、社内スペースは以下の7種類に分けて作られた。

  • #Co-work コワーカーと会話をしたり、同じ空間を共有したりするスペース
  • #Focus 仕事などの作業に集中したいときに利用できる静かな空間
  • #Online オンラインやチームミーティング用のスクリーンで仕切られた独立空間
  • #Chat 少人数でのミーティングスペース
  • #Collaboration 大人数でのミーティングスペース
  • #Recharge 飲食/休憩スペース
  • #Inspiration イケアのビジネスを紹介する、イケアの歴史や商品群のスペース
イケア・ジャパン イケア・ジャパンのオフィス新レイアウト

 オフィスは基本的にはフリーアドレス制だ。Co-workスペースでは好きな場所で仕事をすることができる。こちらのスペースだが、Microsoft Teamsなどのツールを立ち上げて使うことも多いので、2つのディスプレイを配置するようになったとのことで、各所にデュアルディスプレイ環境が整えられている。

イケア・ジャパン Co-workスペース。フリーアドレス制ながら、デュアルディスプレイ環境となっているのが目を引く

 イケア・ジャパンのオフィスでユニークだと思ったのが、Focusスペースだ。同社製のパーティションとカーテンで仕切られており、静かに仕事に集中できる。このスペースは自宅にもオフィスにも欲しいと思う人も多いのではないだろうか。音漏れを防ぐ、パーティション「EILIF」を採用し、机は自動昇降するので、立って使うのも自在だ。

イケア・ジャパン 周囲からの視線もさえぎられるので仕事に集中できそうだ

 オンラインやチームミーティング用のOnlineスペースも、Focusスペースと同様にパーティションで区切られている。オンラインミーティングだと背景を気にしてしまうところだが、パーティションがあるので問題なく行える。

イケア・ジャパン Onlineスペース。こちらの机は手回しで昇降を調整できる

 Chatスペースは少人数用だ。ゆったりとしたソファが用意されており、2人程度で打ち合わせるのにはピッタリである。コロナ前はもう少し人が集まるように作られていたのを、ソーシャルディスタンスを取るとともに、2人程度のスペースに変えたという。

イケア・ジャパン Chatスペースにはソファが置かれ、ゆったりと会話が可能だ。Chatスペースはさまざまな形で社内各所に用意されている

 一方のCollaborationスペースは大人数用だ。同社で働くのは百数十人いるとのことだが、以前はみんなが集まれるようにしていたところ、こちらもスペースを狭める形になった。

イケア・ジャパン Collaborationスペース。左側にあるひな壇も使って座ることもできる
イケア・ジャパン Collaborationスペース左にあるChatスペースにはレゴブロックも置かれている
イケア・ジャパン こちらは休憩や飲食用のRechargeスペース。コロナ禍に伴って席の間隔を開けつつ、座席を増やす工夫をしているそうだ
イケア・ジャパン 入り口付近には同社の歴代製品が紹介されていた

 Inspirationスペースは受付の横に設置されており、簡単な打ち合わせならここでも可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.