レビュー
» 2021年11月07日 06時00分 公開

人気の白でデスクトップを固めたい! ASUSの「ROG Moonlight White」シリーズを試す(1/3 ページ)

従来から、秋葉原の店頭ではホワイトカラーのパーツが人気を集めている。一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が2021年の色を「ゼロホワイト」と選定したように、その年を象徴する色にもなっている。ASUS JAPANのホワイト製品をチェックした。

[佐倉瑞歩,ITmedia]

 先日開催された「東京ゲームショウ2021 オンライン」。かつては期間中には毎年数十万人が訪れる一大イベントだったが、コロナ禍の影響を受ける形で2020年からオンラインでの開催になった。ただし、2021年はほんのごく一部ながら、幕張メッセの一部ホールを使う形でオフラインでも開催された。筆者は毎年東京ゲームショウに参加しているので、狭いながらもオフラインで開催されたことは大きいと思った。

ASUS ROG Moonlight White ASUS JAPANと「機動戦士ガンダム」がコラボレーションした、液晶ディスプレイやPCケースとのアレンジも行われた展示ブース

 そのような中で、大きなスペースを割いて展示されていたのがイケアのブースだ。そこには同社製のゲーミングチェアやゲーミングデスクに加えて、ASUS JAPANから発売されている「ROG Moonlight White」(以下、Moonlight White)シリーズが展示されていた。

ASUS ROG Moonlight White オフライン版の「東京ゲームショウ2021」でイケアブースに展示されていた「ROG Moonlight White」シリーズ

 電源からグラフィックスカード、ケース、水冷システムやヘッドセットなどのホワイトモデルを既に発売しているASUS JAPANだが、9月よりキーボード、マウス、ヘッドセット、イヤフォンのホワイトモデルを新たに発売し、そのシリーズについてMoonlight Whiteと名付けたわけだ。今回レビューするのはこの4点である。

定番モデルにMoonlight Whiteバージョンを追加

 白というのはどのような環境にも合わせて配置できるので汎用(はんよう)性が高い。主張の強い色ではあるが、白には“清廉潔白”というようなイメージもあるので、とてもスッキリと感じられ、触っているだけでワクワクする。Moonlight Whiteシリーズはホワイトだけでなく、グレーもアクセントとして使われているため、印象深いカラーリングとなっている。

 実際、秋葉原のPCショップでもホワイトの高い人気は継続している。

ASUS ROG Moonlight White ASUS JAPAN「ROG Moonlight White」シリーズ。いずれも、既存製品のホワイトバージョンという位置づけだ

白とグレーのコントラストが美しいメカニカルキーボード

 ここからはキーボードとマウス、ヘッドセットとイヤフォンの順に紹介していこう。

 キーボード「ROG Strix Scope NX TKL Moonlight White」(以下、Strix Scope NX TKL)と、マウス「ROG Strix Impact II Moonlight White」(以下、Strix Impact II)だが、両モデルともベースのモデルは既に発売されており、新たにMoonlight Whiteバージョンが追加された形となる。

 実売価格はStrix Scope NX TKLが1万6000円前後、Strix Impact IIが5000円前後(税込み、以下同様)だ。

 Strix Scope NX TKLはテンキーレスということもあり、コンパクトな仕上がりで、机上のスペースをそれほど消費せずに使うことができる。サイズは約356(幅)×136.2(奥行き)×39.7(高さ)mm、USBケーブル込みの重量は約880gとなる。本体天板はアルミニウム製で、白とグレーのキートップの色と相まって、とても美しく輝く。

 日本国内で発売されるStrix Scope NX TKLは日本語配列のみで、英語配列モデルは用意されていない。接続は有線のみとなる。

 キースイッチは、ROG NXメカニカルスイッチの赤軸(ROG NX RED)だ。動作点は約1.8mmとなっており、瞬時の入力が行える。キーの重さは入力をした瞬間は40gfということなので、一般的なCherry MXの赤軸とほぼ同じ。タッチ感も悪くなく、キーを少し押すだけで入力できるので便利だ。タイプ音もそれほど大きくなく、在宅ワークなどで家族と一緒にいなければならない場合でも、嫌がられることはあまりないかと思う。

ASUS ROG Moonlight White テンキーを省いた「ROG Strix Scope NX TKL Moonlight White」
ASUS ROG Moonlight White ROG NXメカニカルスイッチの赤軸を採用する
ASUS ROG Moonlight White 付属品一覧。USB Type-A→Type-Cケーブルに加え、ステッカーも用意されている

 ブラックカラーの「ROG Strix Scope TKL」は銀軸も選べるが、Moolight Whiteには用意されていない。赤軸はもちろんだが、最近は銀軸を好んでいるユーザーも多い。将来的には、キースイッチの種類も選べるようになることを期待したい。

 一般的な60%キーボードのようにファンクションキーや矢印キーが削除されておらず、DeleteキーやInsertキーも含めて独立して使えるので便利だ。筆者は小型キーボードが好きなのだが、60%キーボードでは“修行”という名の慣れが必要で不便な点も多い。TKLレベルまで落とすのがギリギリなのでは、と最近は思っていたりしている。

 なお、F5〜F12にはマルチメディアキーの役割も与えられており、Fnキーと組み合わせることで、音楽の再生やボリュームの調整ができる。ユニークなのはF12のステルスキーで、ワンクリックで全てのアプリが非表示で音声がミュートになり、ダブルクリックで元に戻る。これはゲーミングキーボードだけでなく、通常のキーボードにも採用してほしいところだ。

ASUS ROG Moonlight White 本体底面。スタンドの切り替えは1段階のみだ
ASUS ROG Moonlight White 本体底面にあるスタンドを立てた状態
ASUS ROG Moonlight White スタンドを格納した状態
ASUS ROG Moonlight White USBケーブルは着脱式で、本体奥にあるUSB Type-Cポートに接続する

 この他、Strix Scope NX TKLは「Xccurate デザイン」として、左下のCtrlキーに大きなサイズのものが採用されている。同社はFPSなどのプレイ中に誤操作を防ぐため、としている。

 キーのライティングだが、同社おなじみのユーティリティー「Armoury Crate」を使ってさまざまな色に設定可能だ。Strix Scope NX TKLでは印刷ではなく一体成形されたキーが採用されており、キー自体も光る他、キーボード手前下にもLEDが仕込まれており、底面を反射する形で光らせることができる。また「Aura Sync」により他の対応デバイスと一体となった光の演出が可能なので、これを活用するととても美しい。

ASUS ROG Moonlight White Strix Scope NX TKLはとてもよく光る
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.