ニュース
» 2021年12月10日 12時30分 公開

Meta、メタバースサービス「Horizon Worlds」の一般提供をアメリカとカナダで開始

米Metaは12月9日、メタバースサービス「Horizon Worlds」の一般提供を開始した。対象はアメリカとカナダに住む18歳以上の個人。

[ITmedia]

 米Metaは12月9日(現地時間)、メタバースサービス「Horizon Worlds」の一般提供を開始した。対象はアメリカとカナダに住む18歳以上の個人だ。Horizon Worlds(旧称Facebook Horizon)はこれまで、招待制のβ版として提供していた。

Horizon Worldsのイメージ Horizon Worldsのイメージ

 Metaは2021年10月に、メタバース空間内でゲームなどを作る開発者に向けて1000万ドルの基金を立ち上げ、賞金付きの開発者大会を開催していた。大会の結果は12月末に発表の予定だという。そして、今回の一般公開に合わせて「Arena Clash」というHorizon Worlds内で遊べるゲームも公開している。

3次元空間内に自身の分身を作り、他者と交流できる 3次元空間内に自身の分身を作り、他者と交流できる

 Horizon Worldsには、MetaのVRヘッドセット「Quest 2」にアプリをダウンロードすることで参加できる。アプリは無料で提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.