ニュース
» 2021年12月11日 12時00分 公開

DDR5メモリがじわじわ買いやすくなるアキバ古田雄介の週末アキバ速報(1/2 ページ)

発売から1カ月以上も枯渇が続くDDR5メモリだが、少しずつ入手性が上昇している。今週末はマザーボードとのセット売りや単体売りの在庫が複数見つかった。

[古田雄介,ITmedia]

 DDR5メモリの入手性はいまだに厳しい状況が続いているが、それでも先週と比べれば難易度が下がっている。金曜日(7日)夕方にPCパーツショップを回ると、多くのショップが何かしらの形で在庫を確保していた。大抵はDDR5-4800だが、32GBキット(16GB×2枚)や64GBキット(32GB×2枚)のストックも複数見つかる。

DDR5-4800なら32GBキットが複数見つかる状況

 とりわけ買いやすいのは、マザーボードとのセット販売だ。ASUS JAPANやMSIが自社ブランドで売り出しているキットの他、ショップ単位でセットを指定しているものもある。Core i9やCore i5の在庫状況も回復傾向にあるので、第12世代Core iシリーズで一式組む買い方なら、案外スムーズにそろえられるかもしれない。

ASUS DDR5 ASUSとMSIのセット販売用DDR5メモリ。TSUKUMO eX.では両ブランドの在庫がそろっていた
DDR5 ASUS 同店のASUS製DDR5対応マザーに貼られたPOP
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の週末特価POP
パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークのマザーセット用DDR5メモリの価格表。ラインアップが回復傾向にある

 単品販売のストックになると一段少なくなるが、やはり見つかる頻度は上がっている。パソコンSHOPアークは「メーカーの動きもあり、セット販売用のDDR5メモリはじわじわとストックできるようになってきていますね。現在取り合いになっているのは単品販売です。最初にマザーだけを入手した方など、DDR5メモリだけを探している方も多く、そちらのストックは今もたちまち売り切れになってしまいますね」と現状を話す。

パソコンSHOPアーク パソコンSHOPアークの単品売りDDR5メモリの価格表
オリオスペック オリオスペックに並行輸入で入荷した「CT32G48C40U5」

 新製品としても、今週はCrucialから1枚32GBのDDR5-4800モジュールが登場している。1枚売りの「CT32G48C40U5」は4万4000円弱(税込み、以下同様)だった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.