ニュース
» 2021年11月29日 17時17分 公開

DDR5枯渇でも即売れの「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」がデビュー!古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

第12世代Core iシリーズ向けマザーボードにおいて、最上位クラスに属するモデルが続々とデビューした。一方で1万円を切る個性派ケースや戦略的な価格のメカニカルキーボードも登場し、売り場を盛り上げている。

[古田雄介,ITmedia]

 既報の通り、DDR5メモリの供給は厳しい状況が続いている。DDR5対応のIntel Z690チップセット搭載マザーボードもラインアップが増えているが、売り場でやや渋滞を起こしている感がある。あるショップは「DDR5メモリで第12世代Core iのマシンを組もうとしていて、在庫がないからとDDR4環境に切り替えるということは滅多にありません。皆DDR5がそろうのを待つ構えです。だから、ハイエンド系はちょっと全体的に停滞感が出てしまっています」と明かす。

ASUS JAPANからZ690初のMini-ITXマザーが登場

 そのような中でも、複数のショップで入荷日に売り切れとなっていたのが、ASUS JAPANのZ690系で事実上の最上位モデルとなる「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」だ。価格は13万5000円前後となる(税込み、以下同様)。

 ドット絵やアニメが表示できる「AniMe Matrix LED Display」をカバーに組み込んでおり、拡張モジュールを合わせて最大5基のM.2 SSDが挿せる。DDR5メモリスロットは4基あり、最大128GBまでサポートする。

ROG MAXIMUS Z690 EXTREME ASUS JAPAN「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME」のパッケージ。水冷対応の「ROG MAXIMUS Z690 EXTREME GLACIAL」もラインアップには用意されている
ROG MAXIMUS Z690 EXTREME ROG MAXIMUS Z690 EXTREMEの基板

 その他、水冷を前提とした白いオーバークロックモデル「ROG MAXIMUS Z690 FORMULA」や、メモリスロット2基のオーバークロック特化モデル「ROG MAXIMUS Z690 APEX」、Mini-ITXモデル「ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI」も同時に登場している。価格は順に10万円前後と9万5000円前後、6万円前後だ。いずれもDDR5メモリ対応となる。

ASUS ROG パソコンSHOPアークに並んだROG Z690シリーズ
ROG MAXIMUS Z690 FORMULA ASUS JAPAN「ROG MAXIMUS Z690 FORMULA」
ROG MAXIMUS Z690 APEX ASUS JAPAN「ROG MAXIMUS Z690 APEX」
ROG MAXIMUS Z690 APEX ヒートシンクを横から見ると「ROG」になっているのが分かる

 Z690マザーで初のMini-ITX対応となる「ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI」に、とりわけ関心を持つショップが多かった。M.2スロットを2層式にしており、2枚同時に挿せる他、Thunderbolt 4や2.5GbE対応の有線LAN、Wi-Fi 6E&Bluetooth 5.2を搭載するなど多彩な機能を持つ。DDR5メモリスロットは2基だ。

 パソコンSHOPアークは「これまではmicroATXまでしかなかったので、ようやくコンパクトなAlder Lakeマシンが組めるようになりますね」と評価する。ただし、直後に「DDR5メモリが入手できれば、ということになりますが……」と付け加えたところに、もの悲しさを感じた。

ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI Z690でMini-ITX対応の「ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI」
ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI 横から見ると、3階建てになっている

 ASUS JAPAN以外にも、続々とハイエンドモデルが発売された。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.