ニュース
» 2021年11月08日 12時00分 公開

第12世代Core iシリーズの登場でRyzenとの覇権争いはどうなる!?古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

供給量は少なめながらも、まずまずの反響で迎えられた第12世代Core iシリーズ。ここ最近のCPU市場は、AMDのRyzenが優勢をキープしているが、年末に向けてはどう動く?

[古田雄介,ITmedia]

 既報の通り、11月4日22時に第12世代Core iシリーズ(開発コード名:Alder Lake-S)が売り出された。ラインアップとそれぞれの価格を下記にまとめた(価格は税込み、以下同様)。いずれも、予約販売時と変わらない。

型番 コア数 スレッド 標準クロック ブーストクロック PBP GPU 価格
Core i9-12900K 16コア 24スレッド 3.2GHz 最大5.2GHz 125W Intel UHD Graphics770 8万円弱
Core i9-12900KF 16コア 24スレッド 3.2GHz 最大5.2GHz 125W 7万7000円弱
Core i7-12700K 12コア 20スレッド 3.6GHz 最大5.0GHz 125W Intel UHD Graphics770 5万8000円前後
Core i7-12700KF 12コア 20スレッド 3.6GHz 最大5.0GHz 125W なし 5万3000円前後
Core i5-12600K 10コア 16スレッド 3.7GHz 最大4.9GHz 125W Intel UHD Graphics770 3万9000円前後
Core i5-12600KF 10コア 16スレッド 3.7GHz 最大4.9GHz 125W なし 3万7000円前後
Core i9-12900K TSUKUMO eX.に入荷した「Core i9-12900K」
Core i9-12900K 左から「Core i5-12600K」「Core i7-12700KF」「Core i9-12900KF」

Intelは2022年1月16日までのロングキャンペーンを実施

 CPU自体の評判は各ショップで上々な様子だ。TSUKUMO eX.は「前世代からの進化が大きいですし、ベンチマークの結果を見てもなかなか優秀です。待っていた人の期待に十分応える実力があるでしょう」と語る。

 CPU市場で主流となっている、AMDのRyzenに対抗できるポテンシャルがあると評価する声も多い。ただし、やはり供給ペースが課題になりそうだ。あるショップは「優秀ですが第3世代Ryzenを大きく引き離すまでではないので、再入荷を待つよりも潤沢なRyzenを選ぶという流れは止められないのではないでしょうか」と冷静に分析していた。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店でも、「第12世代Core iシリーズが登場した後もRyzenの売れ行きは安定していますね」と語る。

Ryzen パソコン工房 秋葉原BUYMORE店の旧世代Core iとRyzenの価格表

 各ショップのIntel向けマザーボード売り場を見ても、旧世代用のスペースの方がはっきりと広い。CPUだけではなく、対応マザーの供給不足もあるためだ。某ショップは「第12世代Core iはカットインではなくフェードインだと思っています」と割り切っていた。

 そうした声と歩調を合わせるかのように、Intelが第12世代Core iシリーズにあわせて始めた「ガジェットプレゼンキャンペーン」の期間は2022年1月16日までと長めに設定されている。「2カ月以上もあります。第10世代から対象となるので利用しやすくはありますが、『長い目で見てね』というメッセージにも見えちゃいますよね」(同ショップ)

Intelのガジェットプレゼントキャンペーン

 今週には、Windows 11のDSP版も売り出される。引き続き、年末に向けた自作市場のトレンドを追いかけたい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.