ニュース
» 2021年10月25日 19時00分 公開

2.5インチSSDは2TBが元気! M.2 SSDは1TBが堅調古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

Crucial「MX500」シリーズの4TBモデルが、2TBよりも容量単価が安い4万5000円前後で登場した。PCケースではFractal Designの「Torrent」シリーズの販売が再開している。

[古田雄介,ITmedia]

 先週は、CrucialのSATA SSD「MX500」シリーズから最大容量の4TBモデルが登場している。価格は4万5000円前後だ。

CT4000MX500SSD1/JP TSUKUMO eX.に入荷したCrucialブランドの「MX500」の4TBモデル( CT4000MX500SSD1/JP)

「FireCuda 530 Heatsink」の4TBモデルも26日に登場

 同シリーズの2TBが2万7000円前後、1TBが1万2000円前後で売られている中で、より容量単価が安い価格設定で登場したことを歓迎する声は多い。

 あるショップは「5年くらい前に4TB SSDが登場したときは20万円しましたからね。かなり現実的な価格帯になったのは確かですね」と話す。2016年12月にサムスンが4TB SATA SSD「SSD 850 EVO」(MZ-75E4T0)」を投入したが、そのときの価格は20万円弱だった。

 ただし、売れ筋の容量帯は「2.5インチ系は2TBが多いですね。4TBまで手を出す人はまだそこまでは」(TSUKUMO eX.)という。

MZ-75E4T0 2016年12月に登場した「SSD 850 EVO」(MZ-75E4T0)

 M.2 NVMe SSDも4TBのラインアップは増えている。SeagateからはPCIe 4.0対応の「FireCuda 530 Heatsink」シリーズの2TBモデルが先々週に5万3000円弱で登場したが、今週には4TBモデルが加わる予定だ。予定価格は11万4000円弱となる。

FireCuda 530 Heatsink 4TB 26日に登場する見込みの「FireCuda 530 Heatsink 4TB」
FireCuda 530 Heatsink 4TB 既に出回っている「FireCuda 530 Heatsink 2TB」

 EK Water Blocks製のヒートシンクを採用したシリーズで、PlayStation 5の増設ストレージとしても使えるとパッケージでうたっている。TSUKUMO eX.は「PS5の増設特需は10月に入って落ち着きましたが、今後もそれなりに需要はあるはずなので、長いこと存在感を放ってもらえたらいいなと思っています」と話していた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.