プロナビ
ニュース
» 2021年12月17日 13時00分 公開

「Windows 365 Business」がWindows 11に対応 月額2720円で最新OSをクラウドで利用可能に

米Microsoftは12月15日、サブスクリプション型クラウド仮想PCサービス「Windows 365 Business」がWindows 11に対応することを明らかにした。今週中に対応を始めるとしている。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月15日(現地時間)、サブスクリプション型クラウド仮想PCサービス「Windows 365 Business」でWindows 11を利用可能にすることを明らかにした。今週中に対応を始めるとしている。

 大企業向けの「Windows 365 Enterprise」では、2021年10月からWindows 11を使用可能になっていたが、中小企業向けのWindows 365 BusinessではWindows 10しか使えない状況が続いていた。

 今回の対応によって、税別月額2720円で最新OSをクラウドで利用できることになる(Windowsハイブリッド特典を利用した場合)。

Windows 365の画面。左側2つのクラウド仮想PCがWindows 11となっている Windows 365の画面。左側2つのクラウド仮想PCがWindows 11となっている

 また、管理者が企業内のクラウド仮想PCを操作する機能も加わる。例えば、クラウド仮想PCを作成するときの標準OSをWindows 10に設定したり、ユーザーのクラウド仮想PCを再起動したり、初期状態に戻すなどの作業ができるようになる。

管理者が企業内のクラウド仮想PCを操作できる 管理者が企業内のクラウド仮想PCを操作できる

 さらに、「Microsoft Graph API」に対応し、REST API経由で企業内のクラウド仮想PCの一覧や各PCの設定などの情報を取得できるようになった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.