“次の電車まであと何分”をカウントダウン 「JR トラナビ時刻表」

» 2011年12月01日 17時54分 公開
[ITmedia]
Photo 次の電車が来るまでの時間をカウントダウンで表示するAndroidアプリ「JR トラナビ時刻表」。全国各地の駅をいくつも登録でき、フリック操作で切り替えられる
photo JRトラナビ時刻表

 朝寝坊した、次の取引先に行くのが間に合いそうにない――こんな時は、駅で次の電車がくるまでの時間が気にかかるもの。こんな事態になったときのために、Androidアプリ「JR トラナビ時刻表」(JR東日本企画、60日利用350円から)を入れてみてはいかがだろうか。

 よく利用する駅を登録しておき、アプリを起動すると、次に電車が来るまでの時間がカウントダウン形式で表示される。その下には時刻表も表示され、急行や特急が来る時間などもすばやく確認できる。

 全国のJR、私鉄、地下鉄、航空に対応し、複数駅の登録も可能。駅の切り替えはフリックで行えるなど、焦っているときにもストレスなく操作できるのが便利なところだ。

 始発や終電までの時間もカウントダウン表示できるので、忘年会や新年会で遅くなってしまったときにも心強い。すべての機能を2週間試用できるので、気になる人はお試しあれ。

Photo 利用にあたっては無料の登録が必要。登録が終了したらIDとパスワードを入力してログインする。ログインしたら駅を登録。「Menu」をタップして「駅名入力/時刻表登録」を選ぶ
Photo 駅名を入力すると候補の駅が表示されるので、時刻表をカウントダウン表示させたい駅をタップする
Photo 選んだ駅の時刻表がカウントダウン表示される。ここで「保存」を選べば登録は終了。同じ駅の別の路線も登録したいなら、右の画面で「はい」を選ぶ
Photo 駅名の部分をフリックすると別の駅に切り替えられる(画面=左)。メニューを押して「終電へ移動」を選べば、あと終電まで何分かが分かる(画面=右)
photo JRトラナビ時刻表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年