キーワードを探す
検索

「オートフォーカス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

J-PHONE(ジェイフォン)からVodafone(ボーダフォン)への社名変更・ブランド変更後、初めて登場したシャープ製ハイエンドPDCケータイが「V601SH」です。オートフォーカス対応のカメラを搭載し、別売のSDメモリーカードを購入すると「バウリンガル」にもなりました。

()

ソニーのデジタルカメラブランド「Cyber-shot」の名を冠する「Cyber-shotケータイ WIN W61S」。イメージセンサー「Exmor」と光学3倍ズームレンズを搭載し、当時としては画期的だった顔検出オートフォーカス(AF)に対応するなど、その名に恥じないデジタルカメラケータイでした。

()

2014年に登場した新しいカメラの中でも、特に面白かったのが、ハイエンドコンデジとミラーレス一眼。デジタル一眼レフのような完成度の高い製品よりも、いろいろな成長が感じられ、従来製品より大きく進化した製品が登場したからだ。

()

オリンパスが「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」を発売。OM-D譲りの1600万画素センサーに高速AF、自分撮り可能なチルト式液晶、E-P3のような交換式グリップなど、さまざまなエッセンスを凝縮した。

()

新型センサーや高速AFなどE-P3譲りの高機能を217グラムの軽量ボディに凝縮した「OLYMPUS PEN mini E-PM1」の発売日が決定した。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る