キーワードを探す
検索

「手数料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が10日発表した令和3年9月中間連結決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が前年同期比1.3%減の1396億円、最終利益が同6.4%増の279億円で減収増益だった。金融市場が堅調に推移したことで有価証券の運用益や投資信託の販売手数料が伸びたことに加え、長崎が拠点の十八親和銀行の合併効果による経費削減が増益に寄与した。

()

NTTドコモが9月8日から提供している「eSIM」について、ahamo契約者を含む既存ユーザーに対するオンラインでの(再)発行手続きを一時的に休止している。休止中に(再)発行が必要になった場合は、ドコモショップにおいて手数料無料で手続きを受け付ける。

()

PayPayは10月1日以降、中小加盟店の決済手数料を有料化した。PayPayを解約する加盟店が増えることが懸念されていたが、手数料有料化に伴う解約影響は、加盟店数では0.2%、取扱高は0.1%と「極めて軽微」(Zホールディングス)であることが分かった。

()

SBI証券は10月29日、単元未満株の買付手数料を実質無料化すると発表した。売買代金の0.55%(最低55円)を、翌月下旬頃に全額キャッシュバックする。11月1日約定分から適用。

()

ハウスプリペイドを企業に提供するアララは、新たにコード決済機能の提供もはじめ、店舗は独自Payサービスを実現できる。さらに、来春には非接触決済サービスの「iD」にも対応。このiDは、決済手数料負担に悩む加盟店にとって、逆に決済手数料を受け取れる機会をもたらす。

()

Microsoftは「Windows 11」で提供開始するアプリストア、新生「Microsoft Store」に、Epic Gamesのストアフロントアプリが登場すると発表。アプリでの決済についてはMicrosoftは手数料を徴収しない。

()

スマートフォンを使った決済サービスは、毎月さまざまなキャンペーンを実施することでアクティブ率を高めようとしています。そんな中、トップシェアを誇るPayPayが店舗における手数料を10月から完全に有償とします。これにより、利用できる店舗が減少するのか、それとも……?

()

GMOクリック証券は9月8日、信用取引の手数料を優遇する「VIPプラン」の適用期間を拡大すると発表した。従来、条件を満たした翌日に限り信用取引の手数料を無料としていたが、翌営業日から30営業日に拡大する。9月21日から始める。

()

ファミリーマートは9月3日、コード決済サービス「FamiPay」の後払いサービス「ファミペイ翌月払い」を9月7日に開始すると発表した。残高がなくても最大10万円まで支払いに使える後払いサービスで、利用額は利用の翌月末に指定した銀行口座から引き落とされる。手数料はかからない。公共料金や税金の支払いにも使えることがFamiPayの特徴であり、翌月払いでもFamiPayボーナスが貯まる。

()

 PayPayは8月19日、これまで無料としてきた「MPM」方式と呼ばれる店舗に印字されたQRコードを掲示してユーザーがスマートフォンアプリで読み取って支払いを行う決済について10月1日以降の手数料を1.60%または1.98%にする。これによって業界がどのように変化し、これによって赤字続きだった同社がいかに「黒字化」を考えているのか、ビジネスモデルの面から考えてみたい。

()

KDDIは加盟店向けに、au PAYの決済手数料を無料とするキャンペーンを、2021年10月1日から2022年9月30日まで実施する。新規だけでなく既存の店舗も対象となる。売り上げ規模の条件も設けていない。

()

PayPayがコード掲示タイプの加盟店において「決済手数料」を徴収し始めることが大きなニュースとなっている。一部のメディアでは「消耗戦が限界」という論調が見られるが、それだけの理由で手数料の徴収に動いたのだろうか……?

()

楽天ペイメントは、年商10億円以下の新規加盟店を対象に、「楽天ペイ」のコード決済の手数料を、2021年10月1日から2022年9月末まで実質0円とする。楽天の決済サービスで同社が強みに挙げるのが「楽天ポイント」だ。加盟店になることで購買意欲の高いユーザーが来店し、売り上げのアップが期待される。

()

これまで3.24%の決済手数料を堅持してきた楽天ペイが、10月から1年間決済手数料ゼロのキャンペーンに踏み切る。新規登録の年商10億円以下の中小店舗に限り、2022年9月までの1年間、手数料とともに決済金の振り込みも手数料を全額キャッシュバックするキャンペーンだ。

()

PayPayが、売上高10億円未満の中小店舗に対する決済手数料を有料化する。1.6%という決済手数料は、アンケート調査から「これぐらいならば許容される」という見込みをもとにした数字だという。この手数料に加え、「PayPayマイストア」をはじめとするサービスで利益を積み上げていく。

()

PayPayは、これまで無料としてきた中小店舗向け決済手数料を10月1日から有料化する。月額1980円(税別)の「PayPayマイストア ライトプラン」への加入を条件に、決済金額の1.6%とする。クレジットカードが2.5〜3.75%、他のコード決済が2〜3%程度の手数料を課しているのに比べて安く、競争力を維持する狙いだ。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る