キーワードを探す
検索

「絵文字」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

テレワークでのコミュニケーション手段として必須のチャット。しかしチャット中心のテレワークでは相当の注意を払わないと真意が伝わらなかったり、誤解を与える可能性がある。そこで重要になってくるのが、実は絵文字の存在だ。また、テレワークを成功させる4つのルールも紹介する。

()

LINEは、4月16日に「LINE絵文字」へ「ドコモ絵文字」を追加した。「わーい(嬉しい顔)」「グッド」「猫」など、フィーチャーフォン世代には懐かしい全242種類をそろえる。価格は240円(税込)または100コイン。

()

Facebookのメッセージングアプリ「Facebook Messenger」のモバイルアプリの「ダークモード」が正式版になった。設定画面で切り替えられる。三日月の絵文字で切り替えるイースターエッグは使えなくなった。

()

平成最後の年末を迎え、Twitterに「平成」の絵文字が登場した。「#平成最後のカウントダウン」または「#平成最後」のハッシュタグを記入すると、「平成」の青い文字の下に「2018」と書かれた絵文字が現れる。

()

Googleのモバイルキーボード「Gboard」に、入力したテキストの内容をAIが解析してそれに合うGIF、絵文字、ステッカーの候補を自動的に提示する機能が追加された。まずは英語版でのみ利用可能だ。この機能のために入力内容がGoogleに送られることはなく、プロセスは端末内で完結する。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る