キーワードを探す
検索

「Google検索」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Googleが検索結果のデザインを変更し、情報カードのリンク先をカードのトップにし、さらにソースのアイコン(ニュースであればニュースサイトのロゴなど)を表示する。まずはモバイル版で数日中に変更がローリングアウトする。

()

Googleは、「Cloud Search Connector」の作成を支援する「Cloud Search Connector SDK」と、同社が作成したリファレンスコネクタをオープンソース化して公開した。企業内のユーザーが、企業内のさまざまなデータをGoogle検索のように調べることができるようになる。

()

Googleが推進するモバイルWeb高速化プロジェクトAMPで得た成果をWeb標準化する取り組みを発表した。この標準に準拠すれば、非AMPコンテンツでもGoogle検索結果でAMP同等に扱われるようになる。

()

モバイル版Google検索の検索結果からホテルの予約が可能になった。ホテル一覧カードでホテルを選ぶと、「部屋の予約」ボタンが表示される。また、「Googleフライト」に「ホテル」タブが表示されるようになる。

()

Google検索で表示される「強調スニペット」に画像が追加され、「ナレッジパネル」には「他の人はこちらも検索」コーナーが新設された。また、連続して関連した言葉を検索すると、検索結果のトップに関連情報がカード状に表示されるようになる。

()

Google検索で、従来は任意のトップレベルドメイン(TLD)を検索枠に入力すればそのドメインのコンテンツを検索できたが、アップデートでそれが無効になった。現在地以外のコンテンツを検索するには「設定」→「検索対象の地域」で国を指定する必要がある。

()

Googleが有料コンテンツパブリッシャー向けに提供してきた「First Click Free(検索結果の最初の1本は有料でも無料で読めるようにするサービス)」を終了し、パブリッシャーが無料化するコンテンツを柔軟に決められる「Flexible Sampling」に移行した。

()

普段、よく利用しているはずのGoogle検索。意外と知らない検索テクニックがある。本稿では、Google検索の検索演算子など、知っていると検索の効率が向上できるワザを紹介する。

()

モバイル版GoogleマップやGoogle検索で検索したショップやレストランのレビューが端末に設定してある「言語」以外の場合、自動的に翻訳して表示するようになる。海外旅行で便利そうだ。

()

Google検索の結果ページのトップにカード状に表示される「強調スニペット」はアルゴリズムが自動抽出したサードパーティーのコンテンツであり、必ずしも正確とは限らない。音声アシスタント「Google Home」の場合は特に、それが単なる強調スニペットかどうか分かりにくいため危険だと、米メディアが指摘した。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る