キーワードを探す
検索

「インターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

上川陽子法相は、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策として「侮辱罪」に懲役刑を導入する刑法改正など3件の検討を法制審議会に諮問した。匿名投稿者の特定に必要な情報開示請求のプロセスも来秋にも施行される改正法で簡素化される見通しだ。匿名でも卑劣な投稿をすると、重い責任を問われることになりそうだ。

()

IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第15回は、ASF(ソフトウェア財団)のインキュベーションを受けて、Linuxを用いるような大規模システムのサブシステム向けに開発されたRTOS「Apache Mynewt」を紹介する。

()

個人情報や重要な情報を守るために、組織内にインターネットと接続されていない閉域網を構築することは珍しくない。だが、これだけでは内部不正などから情報を守ることはできない。IDとパスワードを用いた認証では不十分であり、二要素認証が必要だ。どうすれば閉域網内で二要素認証を実現できるのだろうか。

()

札幌市で6月に創業した青果店「ヤオハチ」が地元住民から人気だ。わずか4カ月でフランチャイズを含め8店舗を開店。「安くて安心」と話題を集めている。安さの秘訣(ひけつ)はインターネット米穀店の経験を踏まえた物流ノウハウと、全国に広がる農家ネットワーク。同店を運営する青果店ベンチャー「やお八」(本社・札幌市)の藤川欽三社長(41)はリアル店舗での全国展開を狙う。

()

米国のAlif Semiconductorは、これまでステルスモードで開発を進めていたスケーラブルなフュージョンプロセッサファミリーを発表した。MPUやMCU、人工知能(AI)および機械学習(ML)に加え、セルラー接続やセキュリティを単一デバイスに統合したもので、人工知能(AI)を用いたIoT(モノのインターネット)市場をターゲットとしている。

()

ソニーネットワークコミュニケーションズは、同社が運営するインターネット接続サービス「NURO光」に、家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)を月額990円からリースする新オプションを発表した。9月30日から申し込みを受け付ける。

()

動画配信や文章の執筆、ハンドメイド作品の出品など、インターネットを舞台にした創作活動によって収入を得る人が増えている。こうした経済活動は「クリエイターエコノミー」と呼ばれ、関連企業が今夏、業界団体「クリエイターエコノミー協会」を発足させたことでも話題となった。発展が見込まれる一方、ネットでの誹謗(ひぼう)中傷への対処など、個人主体だからこそ直面する課題も多く、新たな商取引の普及に向けた試行錯誤が始まっている。

()

河野太郎ワクチン担当相の16日夜のインターネット番組で、行政機能をデジタル空間に移し、地方にいながらテレワークを通じて勤務を可能にする「デジタル遷都」構想を目指す考えを示した。「好きなところで仕事ができるのは夢物語と思っているかもしれないが、現実にしたい」と語った。

()

インターネット上の中傷対策を強化するため、法務省が刑法改正を法制審に諮問することで、「侮辱罪」が厳罰化される見通しとなった。被害者の救済や中傷の抑止につながると期待される一方、批評行為との線引きや利用者のモラル向上など課題も多い。

()

小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第10回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとカメラの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。

()

インターネット金融大手のSBIホールディングス(HD)が9日、新生銀行に対しTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。SBIが全国の地方銀行と連合を組んで実現しようとしている「第4のメガバンク」構想の強化が狙いだ。地銀再編を後押しした菅義偉首相の退陣で、機運が低下する前に実現の道筋を描きたかったのではとの指摘もある。金融庁もSBI主導で新生銀の業績を回復させ、約20年前に投入した公的資金の回収に道筋を付けたい考えがあり、両者の思惑が一致した感がある。

()

Windows Server 2022の新機能の一つに、インターネットフレンドリーなUDPポート443でセキュアなSMB接続を実現する「SMB over QUIC」があります。この機能はプレビュー機能であり、ファイルサーバ側はAzure仮想マシン上にある必要があります。この評価環境をできるだけ簡単に準備する方法を紹介します。

()

「旅気分を味わえてうれしい」「温めてすぐに食べられるので便利」。全日本空輸は、2020年12月からインターネット通販で一般向けに販売している機内食の販売数が100万食を突破したと明かした。新型コロナ禍で飛行機による旅行が難しい中、機内食で雰囲気だけでも楽しみたいとの需要に加え、常備食として保管できる便利さも好評の理由という。

()

「NR-RedCap(New Radio Reduced Capability)」は、移動体通信の標準化団体「3GPP(3rd Generation Partnership Project)」が近く発表予定のアップデート仕様で、5G(第5世代移動通信)スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスや、セキュリティカメラなどのIoT(モノのインターネット)デバイスの開発を促進すると期待される。現在これらのデバイスは、ほとんどが4G/LTEネットワークで提供されている。

()

新型コロナウイルス禍で苦境にあえぐ中小企業や飲食店が増える中、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」が急拡大している。金融機関の融資よりも資金集めのハードルは低く、従来なら挑戦できなかったようなプロジェクトが実現可能になった。一方で、企画者の説明が不十分だったり、見通しの甘さによって計画が実行できなかったりといったトラブルも後を絶たない。

()

UQ mobileが6月から提供している「でんきセット割」が早速リニューアルされる。割引を受ける際にひも付けるサービスとして、小売電気サービスに加えて指定のインターネット接続サービスも選択できるようになる。ただし、インターネット接続サービスとのひも付けは11月以降に対応する予定で、それまでは「先行キャンペーン」での割引となる。

()

新型コロナウイルス禍で苦境にあえぐ中小企業や飲食店が増える中、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」(CF)が急拡大している。金融機関の融資よりも資金集めのハードルは低く、従来なら挑戦できなかったようなプロジェクトが実現可能になった。一方で、企画者の説明が不十分だったり、見通しの甘さによって計画が実行できなかったりといったトラブルも後を絶たない。

()

武田良太総務相がNHKに対し、テレビを保有していない人を対象にした放送番組のインターネット配信を行う社会実証を実施するよう要請すると明らかにした。武田氏は「公共放送におけるネット配信の意義やニーズを検証し、公共放送が果たすべき役割について議論したい」と語った。

()

インターネットのビジネス利用が進んでいる中、FAXの利用者はほとんどいないと考えている読者もいるだろう。しかし、金融機関や個人事務所など、顧客がFAXによる送受信を望む場合が残っている。企業はFAX管理システムやクラウドを利用した仮想FAXを導入することで、このような顧客にも対応できる。

()

シャープは25日、首にかけて周囲の音を遮ることなく音楽などを楽しめるスピーカー「AQUOS サウンドパートナー」の新製品を開発したと発表した。インターネットに接続して家電などの音声操作が可能になった。クラウドファンディングで支援者を募集し台数限定で販売する。

()

 日本ハンドボールリーグの葦原一正代表理事らが、リーグ戦の映像をインターネットで無料配信していた「JHLtv」を今季から有料化すると発表した。「リーグの財政基盤は相当、厳しい。全くお金がない。しっかり収益化していかないと、たくさんの方々に伝えられない」という。

()

和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西は、実証事業として、海水浴客でにぎわう町内の白良浜に、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi−Fiのサービスを始めた。

()

和歌山県の南紀白浜観光協会と白浜町、NTTデータ関西(大阪市北区)は、海水浴客でにぎわう町内の白良浜で、無料でインターネットに接続してスマートフォンなどを楽しめるフリーWi-Fiのサービスを始めた。今回は9月30日までだが、海上を含め約40万平方メートルもある白良浜全域で使えるといい、利用状況を調べた上で通年設置も検討するとしている。

()

「週刊文春」と「週刊新潮」の編集部は17日、電車内の中づり広告を終了することを明らかにした。文春は8月26日発売号、新潮は9月末が最後となる。両誌は今後、デジタル事業の強化を図る。かつては通勤や通学の電車内で目を引く存在だった週刊誌の中づり広告だが、各誌がインターネットに力を入れる中、その存在感は薄まっている。

()

GMOインターネットは、NFTのマーケットプレイス「Adam byGMO」(アダム)を8月にスタートする。アダムでは、NFTを販売するだけでなく、二次流通の仕組みを用意し、その際にコンテンツクリエイターにも収益の一部が分配される仕組みを取るという。どんな世界を目指しているのか。GMOインターネットのGMOインターネットの熊谷正寿社長に聞いた。

()

新型コロナウイルスの影響によって海外渡航が難しくなり、日本と海外の学校をインターネットで結ぶ交流の手法が関心を集めている。「コロナ後に会うときにはお互いをもっとよく知ることができているはず」。コロナ禍後を見据えた国際交流の形が見えてきた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る