キーワードを探す
検索

「礼金」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

賃貸住宅サービス「OYO LIFE」の運営元が、Zホールディングスとの合弁解消を正式発表。OYOグループがZHDからOYO LIFEの全株式を買い取り、100%株主になった。昨今は、複数のメディアが「物件オーナーから契約を巡る苦情が寄せられている」などと運営体制の問題点を指摘していた。

()

目まぐるしく変わっていく時代の中で、“新しい価値”を生み出すことを求められる世界のビジネスパーソン、そして、これからのエンジニア。今までにないサービスを生み出すためには新たな“発想”が必要です。演習と解説の“実践”を通し、“発想力”を強化する“イノベーション思考”を身に付けていただく連載がスタートします!

()

キューバの主砲が巨人へ移籍──日本球界に驚きと衝撃が走った。野球強国で知られるキューバ。これまで政府の意向で海外チームへの移籍にはいくつかの障壁があったが、何が変わったのか。このウラに何があるのか。ビジネスの観点から見てみよう。

()

人生で避けて通れないのが「お金」の問題。今回はお金が足りない、でもその理由が分からない……という方のためのコミックエッセイを紹介します。

()

大学の数が増え進学率が上がる一方で、進学にかかる経済的負担が家計に大きくのしかかり、中には奨学金に頼らざるを得ない人たちもいるのが現状です。ただ、奨学金の利用については注意すべき点があります。最低限おさえておきたい3つの注意点を紹介します。

()

「だれとでも定額」が100万契約を突破するなど、2台目需要の喚起が大当たりしたウィルコム。秋冬モデルは、2台目、3台目のニーズを追求したモデルを軸に展開。フリスクサイズの超小型端末や、スマホとBluetooth接続すると“発着信できるハンドセット”として使える端末など、個性派端末も投入する。

()

2010年4月に大学・短大に入学した新入生を持つ親は、下宿探しにどのくらいの費用がかかったのだろうか。全国大学生活協同組合連合会の調査によると、下宿生の住まい探しの費用は平均22万2400円で、2年連続で減少した。

()

あなたが今やっている努力や精進は、将来「グラン・ジュテ」(大きな跳躍)を呼び起こすのだろうか? 世の中には、努力が結果として報われる人もいれば、そうでない人もいる。「報われる人生」のためには何が重要なのか。

()

貧困ビジネスというのをご存じだろうか。これは湯浅誠氏が考えた“造語”で、「低所得者をターゲットにし、貧困を固定化する役割を果たすビジネス」を指す。その代表的なものとしてヤミ金などが挙げられるが、中でも湯浅氏は「住宅」に着目している。その理由は……。

()

「賃貸」と「購入」、マンションタイプを例に取り、20年間のコストを比べてみましょう。「購入」はローン返済や持っている時の税金、管理費などの負担が大きいですが、ケースによっては売却で戻ってくる金額も大きい。一方、「賃貸」は家賃と更新料だけの支払いですが、払ったお金は戻ってきません。20年で比べると、その差は意外にも……?

()

前の住人が部屋で亡くなったため、格安で貸し出される“事故物件”。安いとはいえ生理的な拒否感から避ける人が多いと思いきや、家賃の高い東京では事故物件は人気があるようで、中には10倍を超える抽選をくぐり抜けなければ借りられない物件もあるようだ。

()

長く家賃を払っていると「家賃も高いなあ。今は金利も低いし、いっそ購入しようか?」と思うことはないでしょうか。しかし実際に家を買うとしたら、どれくらい初期費用が必要なのか? 賃貸と購入のどちらが自分に合っているかを検討していく本連載。第1回は初期投資を比較してみます。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る